静岡県に大雨警報 関東は帰宅時間帯に本降りの雨

tenki.jp / 2014年3月5日 14時58分

日本海と本州の南岸を低気圧が進み、広く雨に。静岡県では激しい雨が降り、大雨警報のでている所があります。関東南部でも帰宅時間帯は本降りの雨になりそうです。

雨雲や雪雲の様子

雨雲や雪雲の様子

二つの低気圧が日本海と本州の南岸をそれぞれ進んでいます。本州付近は広く雨が降り、山沿いを中心に雪の所もあります。東海地方には活発な雨雲がかかり、静岡県では大雨となっている所があります。御前崎では降り始めから午後2時までの雨量が188ミリに達し、3月としては統計開始以来一番多くなっています。そのほか磐田でも24時間降水量が3月の1位の記録となっています。
静岡県には大雨警報や洪水警報のでている所があります。夕方にかけて広い範囲で激しい雨が降り、滝のような非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。低い土地の浸水や河川の増水に警戒が必要です。土砂災害には夜9時ごろまで警戒して下さい。
関東地方も帰宅時間帯は本降りの雨になりそうです。午後2時現在、神奈川県には大雨注意報がでています。地下街など低い土地の浸水に注意が必要です。雨は日付の替わる頃まで続くでしょう。関東北部の山沿いでは雪で、大雪に注意が必要です。


雨のあとは強い寒気

明日は低気圧が北海道の東へ進み、冬型の気圧配置に。強い寒気が流れ込む見込みです。北海道や東北の日本海側、北陸は雪で、降り方が強まるでしょう。大雪の恐れがあります。風が強く、ふぶく恐れも。交通機関への影響に注意が必要です。近畿北部や山陰の平地でも雪が降るでしょう。路面状況の変化にお気をつけ下さい。
太平洋側でも所々に雪が降り、北海道や東北ではふぶく所もある見込みです。関東や東海は大体晴れますが、北風が強めに吹いて、冷たいでしょう。
この強い寒気は来週前半にかけて居座る見込みで、全国的に厳しい寒さが続きそうです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング