荒れる 春風

tenki.jp / 2014年3月18日 8時49分

関東では昼頃から南風が強まり帰宅ラッシュ時は強風で交通機関が乱れる可能性も。特に南北に風が通り抜けやすい沿岸や大きな川を渡るような電車や道路を利用する際は注意。

実況天気図(午前6時)

実況天気図(午前6時)


大気の状態が不安定

今日は低気圧が北海道付近を通り、寒冷前線が本州付近を南下する見込みです。
低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込みます。

大気の状態が不安定になり、雲が発達します。

発達した雲が通るときは雷雨になったり、突風が吹くなど天気が急変することがあります。


きょうの注意点

①北海道は湿った雪で大雪になる恐れ
低気圧の通り道にあたる北海道は水分をたっぷり含んだ湿った雪が降るでしょう。
電線に着雪して停電したり樹木の枝が折れたりすることもあります。懐中電灯や暖をとれるものを用意しておくなど停電への備えをしておくと良いでしょう。また、路面状況が悪くなりそうです。車の運転や足元にお気をつけ下さい。
②東北の日本海側、北陸は落雷、突風の恐れ
寒冷前線が通過する際は大気の状態が不安定になります。雷を伴った強い雨が降ったり、竜巻などの激しい突風の吹く恐れがあります。発達した積乱雲が近づいてきたら安全確保に努めて下さい。また、雪が残っている所では、雨と気温の上昇で雪どけが進みます。雪崩や屋根から落ちてくる雪、川の増水などにも注意が必要です。
③関東の沿岸は強風で交通機関が乱れる恐れ
全国的に風が強めに吹きますが、関東の沿岸の地域は交通機関に影響が出るほど強い風が吹く恐れがあります。こまめに気象情報や交通情報を確認してください。

千葉市のポイント予報

千葉市のポイント予報


東京、神奈川、千葉など沿岸の地域で強い南風

関東では東京、神奈川、千葉などの沿岸の地域を中心に風が強まるでしょう。
風向きは南よりで風速10メートル前後の風が予想されます。
瞬間的にはさらに強い風が吹くこともあり、帰宅ラッシュ時は交通機関に影響が出る恐れがあります。
上の図は千葉市のポイント予報です。風向・風速の欄に注目してください。
昼頃から夜にかけては風速10メートル以上の風が予想されています。
どのくらいの風かと言うと・・・・
風に向かって歩きにくくなる、樹木全体や電線が揺れ始める、高速道路の運転は横風に流される感覚を受けるなどです。
南北に風が通り抜けやすい沿岸や、大きな川を渡るような電車や道路を利用する際は特に注意が必要です。
こまめに気象情報や交通情報を確認してください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング