連休最終日の天気 関東から西はポカポカ

tenki.jp / 2014年3月22日 16時47分

金曜日は北海道や東北で大荒れの天気となりましたが、土曜日になって各地の強い風は収まりつつあります。連休最終日の日曜日は高気圧に覆われるため、関東から西では晴天が続き、東北や北海道も次第に天気が回復する見込みです。

23日9時予想図

23日9時予想図


北日本は次第に回復

連休2日目の土曜日は北海道から東北の太平洋側では雪が止んで、強風も幾分収まりました。それでも平均して10メートルを超えるようなやや強い風の吹いた所がありました。今夜は気圧の谷の通過で、太平洋側で再び雪の降る所がありますが、降る時間は短く、降る量も少ない見込みです。
連休最終日の日曜日は午前中は所々でにわか雪やにわか雨がありますが、午後は天気が回復して晴れる所が多くなりそうです。


関東から西はポカポカ陽気

関東から西は土曜日は安定した晴天になった所が多く、きのう(金曜日)のように強い風が吹いたり、急に雨が降り出すこともありませんでした。
連休最終日の日曜日もカラッとした晴天が続き、天気の崩れはなさそうです。最高気温は17度くらいまで上がって、日中はポカポカ陽気です。ただ、朝と日中の気温差は大きく、名古屋や高知、鹿児島は15度以上になる見込みです。昼間は上着いらずでも、朝晩はしっかり着込むようにしてください。

23日予想気温

23日予想気温


花粉やPM2.5に注意

暖かくなると花粉が気になります。今年は3月上旬が全国的に寒かったため、花粉の飛散が遅れている傾向があります。例年、3月上旬から中旬にピークをむかえる関東から西も、今年はこれからピークをむかえる所がありそうです。あす日曜日も万全な対策が必要です。
花粉のほかにもあす日曜日は西日本を中心にPM2.5が多くなる見込みです。穏やかに晴れても、マスクをしたり、長時間の激しい運動を避けるなど心がけた方がよさそうです。

23日15時 PM2.5予想

23日15時 PM2.5予想

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング