サクラもほころぶ暖かさから 広く雨へ

tenki.jp / 2014年3月25日 15時57分

25日は全国的に気温が高く、今年1番の暖かさとなった東京でもサクラが開花しました。高知では全国のトップをきってサクラが満開に。ただ、西から雨が降り出していて、26日は全国的に傘の出番となりそうです。

東京都豊島区 日出町公園のサクラ 25日15時頃撮影

東京都豊島区 日出町公園のサクラ 25日15時頃撮影


25日 サクラが咲き進む暖かさ

25日は、全国的に南風が吹いて、北海道から東海を中心に、今年1番の暖かさの所が多くなりました。
最高気温は、東京では今年最も高い22度3分(15時半まで)。
そのほか、秋田や盛岡、仙台、山形、福島、水戸、宇都宮、前橋、さいたま、千葉、横浜、長野、甲府、静岡、名古屋、津、新潟、金沢も、最高気温は、今年1番高くなりました。
この陽気で、サクラの開花が進み、
高知では、全国のトップをきって、ソメイヨシノが満開になりました。
午前中は、下関や広島、大分からも開花の便りが届き、
これで九州は全ての標本木で、サクラの花が咲きました。
午後は、横浜と東京でサクラが開花し、サクラ前線は関東へ進んできました。
ただ、西からは、サクラを濡らす雨雲が近づいています。

雨雲の様子

雨雲の様子


西から傘の花が咲く

九州では、すでに雨の降り出している所があり、今夜は中国、四国も雨雲がかかりそうです。
近畿や東海、北陸も、夜のお出かけは、念のために傘があると安心です。
「せっかくサクラが咲き始めたのに、雨なんて」という声が聞こえそうですが、
サクラは、咲き始めたばかりだと、雨でも、すぐに散ることはありません。
ちなみに、サクラの花の咲く頃に降る雨は「花の雨」とも呼ばれ、春の季語にもなっているのです。
ただ、あすは、雨雲が東へ移ります。
あすの予報がこちら。


26日 九州や中国、四国はカミナリを伴い雨が激しく降る所も

九州や中国、四国は昼頃まで、広く雨が降るでしょう。
カミナリを伴って、激しく降る所もありそうです。
落雷や突風、雨の降り方に、ご注意下さい。
近畿や東海、北陸は、夜まで雨や雷雨が続くでしょう。
雨雲は東へ進んで、関東や東北南部も、午後は次第に傘の出番となりそうです。
お出かけの時に雨が降っていなくても、雨具を忘れずにお持ち下さい。

最高気温は、今日ほど上がらない所が多いでしょう。
東京は15度と、今日より7度も低い予想。
気温が5度違うと、洋服1枚分に相当すると言われています。
あすは、今日よりも1枚多く着て、お出かけ下さい。
一方、サクラにとっては、気温が低いと、開花のペースがゆっくりになります。
咲き急がずに、ゆっくりと花の季節を楽しみたいものですね。

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング