プロ志望届公示 巨人のスーパースターと同姓同名高校生が登場…提出者は計305人に

THE ANSWER / 2020年9月29日 8時13分

28日は高校生3人、大学生2人がプロ志望届を提出し、計305人となった

■28日は高校生3人、大学生2人が提出

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は28日、新たなプロ志望届の提出者を公式サイトで公示。唐津商(佐賀)の坂本勇人捕手らが追加され、提出者は高校生203人、大学生102人となった。

 坂本は強肩強打の捕手。高校通算18本塁打に、二塁までの送球が1.8秒という肩も魅力だ。巨人の坂本勇人内野手と同姓同名ということでも話題を集めそうだ。ほかに明豊(大分)の居谷匠真捕手、明桜(秋田)の平尾蒼凱内野手も公示された。

 大学生は九州共立大の190センチ右腕・福島雄大と、俊足巧打の平良竜哉内野手の2人が提出した。

 これで提出者は、高校と大学を合わせて305人となった。プロ志望届の提出締め切りは10月12日。提出者は同26日に実施予定のプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。(THE ANSWER編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング