渋野日向子、国内復帰第1Rはイーブンパー32位 後半失速も2度目のホールインワン達成

THE ANSWER / 2020年10月30日 15時21分

渋野日向子【写真:Getty Images】

■樋口久子・三菱電機レディース初日

 女子ゴルフの樋口久子・三菱電機レディースが30日、埼玉・武蔵丘GC(6585ヤード、パー72)にて開幕。6月以来となる国内ツアー復帰となった渋野日向子(サントリー)は、8番パー3で自身2度目のホールインワンを達成するなど1イーグル、1バーディー、3ボギー。首位と5打差のイーブンパー、32位タイで初日を終えた。

 国内復帰戦、いきなり快挙だ。1番パー5で幸先よくバーディーを奪うと、160ヤードの8番パー3で魅せた。8番アイアンで放ったティーショットはピン手前に落ちると、そのまま転がってカップイン。これには本人も手で口を覆って「えぇ!!」と驚きの表情。キャディーと肘タッチをかわして笑顔も見せた。

 渋野のホールインワンは2018年6月のアース・モンダミンカップ初日以来2度目。前半を首位と1打差の3アンダー、暫定2位で折り返した渋野だが、後半は失速。11番、12番で連続ボギーを叩くと、17番でもパーパットを外して計3つスコアを落とした。

 渋野は8月の全英女子オープンに出場した後は米国に渡り、9月のANAインスピレーション、10月の全米女子プロ選手権と欧米を転戦。6月の開幕戦アース・モンダミンカップ以来、4か月ぶりの国内ツアー復帰戦だった。

 勝みなみが5アンダーで単独首位。2位に前戦優勝の申ジエ、竹内美雪、石川明日香の3人が4アンダーで並んでいる。渋野と同じく国内ツアー復帰した河本結は3オーバーの64位としている。(THE ANSWER編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング