1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. 野球

大谷翔平にMLB選手も衝撃 年俸39億円男コール「大ファン」マルティネス「狂ってる」

THE ANSWER / 2021年4月6日 10時3分

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

■118年ぶりに「2番・投手」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、ホワイトソックス戦で「2番・投手」で出場。初回の第1打席で豪快な2号ソロ本塁打を放った。投げても5回途中2安打3失点と勝ち投手にはなれなかったものの、渡米後最速タイの101.1マイル(約162.7キロ)を計測するなど実力を見せた。現役メジャーリーガーからも「とてつもない才能」「狂っているよ」などと驚きの声があがっている。

 大谷が米野球界に衝撃を与えた。初回1死走者なしの第1打席、初球だ。右腕シーズが高めに投じた97マイル(約156キロ)を強振。凄まじい打球音を残したボールは、高く舞い上がり右翼席へ着弾した。約137メートルの特大弾。投げても160キロを超える直球に落差の大きいスプリットを投じ、二刀流の能力を見せつけた。

 メジャーでは118年ぶりの「2番・投手」での躍動に、現役選手からも驚愕の声があがっている。MLB公式サイトは、ヤンキースのエース右腕、ゲリット・コールのコメントを掲載。「俺はとてつもない才能を持つショウヘイ・オオタニの大ファンだ」と語った年俸39億円男は、こう続けているという。

「俺も確かに彼のように強いボールを投げ込める。しかし、彼のように打つことはできない。そして彼のように打てる選手もいるけど、その選手たちは彼のような球を投げることはできない。俺はただ座って応援しているだけなんだ」

■レッドソックス主砲も驚き「スタントン、ジャッジ級のパワー」

 大谷のプレーは投打両方を見たことがあるというコール。「彼はどの場面でも印象的だった。彼を相手に投げることはタフなこと。そして1度だけ彼の投球を観たことがある。93マイル(約150キロ)のスプリットを投げていたんだ」と速く落ちる変化球について驚きを口にしていた。

 また、MLB公式サイトはレッドソックスの主砲J・D・マルティネスのコメントも掲載。「スタントンやジャッジのようなパワーの持ち主だ。あんなに力強く球を打てる選手を俺は知らない。そして同時に100マイル(約160キロ)の球を投げるんだろう。狂っているよ。スプリットは最高級の素晴らしさ。93マイルでナックルのように動く。最高だ。アイツには多くの才能がある」と二刀流の才能を絶賛していた。

 投手として18年以来となる白星を手にすることはできなかったが、MLBを舞台に実現した“リアル二刀流”は現地にも大きなインパクトを与えている。(THE ANSWER編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング