1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. 野球

【MLB】大谷翔平、アップで撮った“盗塁死の直後”に米同情「彼は寝不足だ」「疲れのピーク」

THE ANSWER / 2021年9月24日 9時23分

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

■大谷翔平が盗塁失敗、大の字で空を見上げた様子とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アストロズ戦で2打数無安打4四球だった。4回に試みた二盗はセーフのタイミングだったが、勢いがつきすぎてベースを離れてしまった。大の字で落胆する様子をアップにした画像に対し、米ファンから「笑った」「彼は寝不足だ」と脚光を浴びている。

 大谷が天を見つめた。0-2の4回先頭。四球で出塁した大谷は二盗を試みた。セーフのタイミングでスライディングをしたが、勢い余ってベースから足を離してしまい、慌てて戻った末にタッチアウト。そのまま大の字になって上を見つめた。横から少しアップにした1枚の画像。少し口を開け、がっかりした様子にも見える。

 落胆シーンの画像を、MLB公式サイトのサラ・ラングス記者がツイッターに投稿。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」公式インスタグラムは、この投稿を引用する形で紹介し、文面に「苦労する」とつづった。2枚目にはアップにした画像を公開すると、米ファンから「笑った」「彼は寝不足だ」「1週間疲れのピーク」「MVPだ」と同情の声などが上がっている。

 盗塁でもファンを沸かせる二刀流。延長12回を戦ったチームは5-9で敗れた。(THE ANSWER編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング