【MLB】「クレイジーな動き方!」 現役最年長44歳右腕のMVP斬り“バックドア”に米震撼

THE ANSWER / 2018年4月17日 7時10分

レンジャーズのバートロ・コロン【写真:Getty Images】

■現役最年長メジャーリーガーのコロンが7回まで完全投球、MVP斬りバックドアが話題に

 米大リーグ、レンジャーズの44歳右腕、バートロ・コロン投手の快投が話題を呼んでいる。15日(日本時間16日)の敵地アストロズ戦で7回まで完全投球。8回に四球と安打を許し、偉業達成はならなかったが、MLB最年長の大ベテランが大いに沸かせた。

 MLB公式インスタグラムはコロンの快投を動画で公開。驚異の変化を見せるバックドアのツーシームなど、年齢を感じさせない投球にファンからは「ボールの動き方はクレイジーだ」「反則レベル」と驚愕の声が上がっている。

 180センチ、127キロ。コロコロとした体形から、コロンが信じられないような変化球を繰り出した。まずは初回だ。2死で打席には昨季の“小さな大打者”アルトゥーベ。外角ボールゾーンから鋭く変化し、外角低めギリギリいっぱいのストライクゾーンへ。見事なバックドアに昨季のア・リーグMVPは手が出なかった。

 4回2死の打席では、今度は外角高めの完全なボール球を振らせ、2打席連続三振に切って取った。

「MVPでさえビッグセクシー(コロンの愛称)の足元に跪く。彼は8回までヒットを出さなかった」

■凄まじい変化にファンは驚愕「このボールの動き方はクレイジーだ」

 MLBはこうつづり、アルトゥーベからの連続三振シーンを公開すると、ファンからは驚愕の声が次々と上がっていた。

「文字通りパーフェクトなゲームだった」

「なんて反則レベルのボールなんだ」

「彼はボールに熱を、そして試合全体に熱をもたらす」

「このボールの動き方はクレイジーだ」

「無双とはまさにこのことだ」

「正確無比すぎる」

 2005年にサイ・ヤング賞に輝いた現役最年長メジャーリーガーは、今月に入ってレンジャーズとメジャー契約を結んだばかりだが、ここまで抜群の安定感を発揮。10日にはエンゼルス大谷翔平とも対戦し、二ゴロに仕留めた。今回は大記録を逃したが、今後も何かやってくれそうな予感でいっぱいだ。(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER

トピックスRSS

ランキング