大坂なおみは諦めない ドロップ返しの“超ダッシュ”に喝采「ボルトが遅く見える」

THE ANSWER / 2019年8月15日 13時33分

大坂なおみが3回戦に進出【写真:Getty Images】

■世界1位に返り咲いた大坂が初戦突破、瞬発力にファン称賛

 テニスのウエスタン&サザン・オープン女子シングルス2回戦で世界ランキング1位の大坂なおみ(日清食品)は同47位のアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)に7-6、2-6、6-2で勝利し、3回戦に進出した。大坂が繰り出した猛ダッシュでの“ドロップショット返し”をWTAが動画付きで脚光。なおみの脚力にファンは拍手を送っている。

 大坂が必死で走った。このゲームを取れば勝利という状況で迎えた、第3セットの第8ゲーム。サスノビッチのサービスに女王は苦しい体勢からリターン。するとここで、ベラルーシの25歳は絶妙なドロップショットを繰り出してきた。万事休すか――と思われた次の瞬間だ。

 懸命に前に出て拾うと、逆サイドにドロップ気味にリターン。サスノビッチはこれには対応できなかった。

 このショットでマッチポイントとし、押し切った大坂。勝負を決定づけたと言える見事な粘り強さだった。

「ナオミ・オオサカが走る」と題してWTAが公式インスタグラムで動画付きで公開。さらに同様の動画を大坂も自身のインスタグラムに「今日はこんな感じだった」と記し、さらに走る絵文字を3つ加えて、投稿している。

■瞬発力にファン喝采「素晴らしいハッスル」

 するとファンからも大坂の超ダッシュに喝采を上げている。

「彼女が本物のクイーン」
「ウサイン・ボルトが遅く見える」
「素晴らしい勝利!」
「アメージング」
「美しいショット」
「ラン、ナオミ、ラーン!!」
「ハイスピード!」
「俊足だ」
「素晴らしいハッスル」

 昨年優勝した全米オープンへとつながるハードコートでの一戦で苦しみながらも初戦を突破した大坂。この体の動きを見る限り調子は悪くはなさそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング