八村塁に31得点献上 逆転負けのドイツ監督は日本を称賛「彼らは良いチームだ」

THE ANSWER / 2019年8月24日 17時38分

日本代表がドイツに逆転勝利【写真:荒川祐史】

■現役NBA選手擁する世界ランク22位・ドイツと強化試合

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は24日、31日開幕のW杯(中国)に向けた同22位・ドイツとの強化試合(午後3時試合開始・さいたまスーパーアリーナ)を行い、米プロバスケットボール(NBA)のドラフト会議で日本人初の1巡目指名を受けたウィザーズ・八村塁は先発出場。両軍最多31得点と奮闘し、日本は86-83で“鬼門”の欧州勢から勝利を挙げた。

 ドイツはサンダーのデニス・シュレーダーら現役NBA選手3人が先発。前半は42-35とリードして折り返したが、最終クォーター(Q)残り1分45秒で逆転を許した。最大12点あったリードをひっくり返される形となった。

 試合後、ヘンリク・レデル監督は「我々にとって、非常に良いゲームだった。素晴らしいファンに、雰囲気。彼らは良いチームだ。ワタナベのような素晴らしい選手がいる。みんな良いゲームをしていた」と日本を称えていた。(THE ANSWER編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング