【ラグビーW杯】日本敗退、“夢の30日間”に幕 リーチ主将が感謝「日本のファン、本当に最高です!」

THE ANSWER / 2019年10月20日 21時33分

南アフリカに敗れた日本は8強で敗退【写真:荒川祐史】

■試合後の場内インタビュー「日本はこれからますます強くなるだけ」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。9月20日のロシアとの開幕戦からちょうど1か月後、“夢の30日間”に幕を下ろした。

 田村が、稲垣が、松島が、涙に暮れた。史上初の4強はならず。試合後、テレビインタビューに立ったリーチ主将は第一声、「日本のファン本当に最高です!」と日本語で感謝。「5週間、熱い応援本当にありがとうございました。各ファンゾーンなど熱い応援ありがとうございました」と声を張り上げた。

「素晴らしいチャンスでした。いくつか機会はあった。残念ながら、南アフリカが勝っていた。南アフリカが健闘し、我々も健闘した。ジェイミー監督らのおかげです」と語り、さらに歴史的快進撃について「アジア全体でもティア2の国でも素晴らしかった」と回顧。最後にこう言った。

「ありがとうございます。日本はこれからますます強くなるだけです」(THE ANSWER編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング