楽天の約65億円かけたNBAウォリアーズのユニホームスポンサー参加への賛否

THE PAGE / 2017年9月14日 11時40分

写真

楽天がNBAチームに約65億円を投資してスポンサー参加したが、早くも賛否が。写真は昨季のファイナルでMVPに選ばれたウォリアーズのデュラント。(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

NBAで過去3年連続NBAファイナルに進出し、今季を含む2度(計5度)リーグ制覇を成し遂げているゴールデンステート・ウォリアーズが12日(日本時間13日)、インターネット通信販売大手の楽天とスポンサー契約を結んだと発表。同日ウォリアーズの本拠地があるカリフォルニア州オークランドで記者会見を行った。

 3年総額6000万ドル(約65億円)で、サンフランシスコ・クロニクル紙によると、年2000万ドル(約22億円)は、5月にクリーブランド・キャバリアーズがタイヤメーカーのグッドイヤーと結んだスポンサー契約の倍以上という。USAトゥデー紙によると、キャバリアーズがグッドイヤーと結んだ契約は年間1000万ドル(約11億円)と言われており、それがこれまでで最高額での契約だった。

 NBAは去年の4月、10月に開幕する2017-18シーズンから3シーズン限定でジャージーのスポンサーシップを試験的に導入することを決定。各チームがユニフォームの左胸に2.5インチ(約6.4センチ)四方のスポンサーのロゴを付けることが許された。この試みはMLB、NFL、NHLを合わせた米4大スポーツの中で初めてで、3年後の結果が大きく注目されている。

最初に同スポンサー契約を結んだのは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ。わずか10勝とリーグワーストの成績に終わった昨年5月にオンライン・チケット販売ウェブサイト事業会社のスタブハブと年間500万ドル(約5億5000万円)の契約を結んだ。

 これまでオーランド・マジックがディズニーと、6月に終わった昨季リーグワーストの20勝62敗に終わったブルックリン・ネッツがエンタープライズ、ソリューションの販売、導入、コンサルタンティングを行っているインフォアと契約するなど13チームがロゴのスポンサー契約に漕ぎつけており、ウォリアーズが14チーム目だ。

 ウォリアーズが、この契約に年間1500~2000万ドル(約16億円から22億円)を見積もっていることがスポーツ専門局ESPNから報道されたのは、昨年の夏。当時は同契約をまとめたのがシクサーズのみで、ウォリアーズは2015-16シーズンをNBA史上最多の73勝(9敗)で終えたものの、ファイナルでキャバリアーズに敗戦したところ。同夏スーパースターのケビン・デュラントを獲得し大きな期待が込められる一方で今年5月にキャバリアーズがグッドイヤーと結んだ額が1000万ドル(約11億円)だったため、その行方に関心が寄せられていた。
 

THE PAGE

トピックスRSS

ランキング