米メディアも村田世界奪取を「5か月前と別ファイト」「再戦で圧倒」と報道

THE PAGE / 2017年10月23日 5時0分

写真

村田はエンダムを圧倒してリベンジを果たし世界のベルトを腰に巻いた(写真・山口裕朗)

WBA世界ミドル級タイトルマッチが22日、東京の両国国技館で行われ、同級1位の村田諒太(帝拳)が、王者、アッサン・エンダム(フランス)に7回終了時点でTKO勝ちし新王者となった。

村田と、エンダムは、5月20日に有明コロシアムで行われたWBA世界ミドル級王座決定戦で対戦したが、村田は1-2の不可解な判定で敗れ、ジャッジ2人が処分を受け、WBA会長がダイレクトリマッチを指令するなど、全米でも再戦の行方が話題になってきた。
 この試合は、アメリカ東海岸の早朝からスポーツ専門局のESPNで生中継され、ESPNの解説者は、「村田は、前回と違って終始、アグレッシブだ」と中継中に繰り返した。

ボクシング専門ウェブサイトの「ボクシングシーン・ドット・コム」は、「村田はエンダムとの再戦で圧倒し、7回で戦いを辞めさせた」という見出しで新王者誕生の瞬間を伝えた。

同記事は、「ムラタはエンダムとの再戦では、ジャッジの判定が勝敗の要因にならないように入念に戦った」と、試合の様子を伝えた。

「エンダムの勝利で議論を引き起こしてから5カ月後、日本のスターは7回でエンダムをテクニカルノックアウトし、前回の敗戦の復讐を果たした。31歳の村田は、より攻撃的で、終始、効果的なファイターだった。エンダムに何度か右をヒットさせて、ふらつかせた」と、描写した。

さらに「7回は完全なワンサイドになり、エンダムを続行するべきではないと納得させるもので、村田は苦も無く勝利した」と、エンダムがギブアップしたのも仕方がないとしhた。

「オープニングのベルから村田は、5カ月前の最初の試合とは全く別のファイトだった。5カ月前は村田が勝利したかのように見えたが、2人のジャッジがエンダム勝利とした」と、あの不可解な判定の一戦とは、村田のファイティングスタイルが大きく変わったことも強調した。

ボクシング専門ウェブサイトの「イースト・サイド・ボクシング」も、「7回で村田がエンダムをストップさせ、WBAミドル級のベルトを勝ち取った」というタイトルで報じた。

「ロンドン五輪金メダリストの村田は、経験のあるチャンピオンを圧倒していた。様々なバラエティのある強いショットがヒットした。7回にはエンダムを肉体的にも、精神的にも参らせ、エンダムは、もうこれ以上は望まずにギブアップした」と伝えた。

さらに「村田は、最近のボクシング界のトレンドとも言える、ファイト数が少ないのにチャンピオンになった一人である。村田がタイトルの初防衛で誰と戦うのかは興味深い」と、14戦目で世界王者となったキャリアの短さと、来春に予定されている初防衛戦のマッチメイクを話題にした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
THE PAGE

トピックスRSS

ランキング