トレエン・斎藤司が失恋を癒やすためのグアム旅行で大ピンチに!?

ザテレビジョン / 2017年5月20日 13時0分

誘った後輩をグアム旅行に連れて行かなかった斎藤の“絶対絶命アンサー”とは!?/(C)ABC

5月21日(日)夜6:57からテレビ朝日系で放送される「そう言えば良かったのか!絶体絶命アンサー」で、トレンディエンジェル・斎藤司が後輩芸人を巻き込んだ大ピンチを告白した。

同番組は、「お金」「親子」「ママ友」「職場」「近所づきあい」などさまざまなしがらみの中で起きる絶体絶命のピンチに陥ったとき、どのように言えばよいのか、ゲストの芸能人たちが2人ずつ対決。どちらがベストアンサーなのかを専門家がジャッジする。

さらに、「そう言えば良かったのか!」という “絶体絶命アンサー”も伝授。覚えておけば、さまざまな状況で役立つ実践的な理論や方法とともに紹介する。しがらみ解決のプロたちが明かす「大人の断り方」「大人のかわし方」が明らかになる。

斎藤は、グアム旅行に最初に誘った後輩にまつわる絶体絶命エピソードを披露。ことし彼女と別れた心の傷を癒やすべくグアム旅行を計画した斎藤は、後輩芸人・上原チョーを一番最初に誘ったという。そのため、上原はこの旅行のためにパスポートを取得して楽しみにしていたが、斎藤は上原のことをすっかり忘れて墓の後輩3人とグアム旅行へ。

旅行直前に上原から連絡があった際、斎藤は仕事で旅行はキャンセルになったとつい嘘をついてしまう。事実を知ってショックを受けた上原は、なぜ自分を連れて行ってくれなかったのかを教えてもらうべく、帰国した斎藤を待ち受ける。上原と対面を果たした斎藤は、どんな言葉でこのピンチを乗り切るのか!?

また、スタジオにも上原が登場。すると、斎藤の態度をめぐって騒然となってしまう…!?

ほか、義理の父のメンツを潰さない対応や、断りにくいお金のトラブル、ママ友とのいざこざへの対処など、さまざまな絶体絶命の場面が登場。さまざまな人間関係で悩むことが多いこの季節…この番組で解決方法を見つけよう!

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング