黒柳徹子そっくりのアンドロイド「totto」が誕生!! 『お目にかかれてうれしいわ』

ザテレビジョン / 2017年9月14日 6時0分

黒柳徹子をゲストに迎えた「tottoの部屋」が放送スタート!?/(C)テレビ朝日

テレビ朝日の“帯ドラマ劇場”第2弾「トットちゃん!」(10月2日(月)スタート、毎週月~金昼0:30-0:50ほか)のスタートを記念して、黒柳徹子そっくりのアンドロイド・tottoが誕生した。

同ドラマは、40年以上の長きにわたって「徹子の部屋」(毎週月~金昼0:00-0:30、テレビ朝日系)の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳とその家族の激動の昭和史を描く。 

tottoは、テレビ朝日主導の元、電通、電通テック、エーラボと、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学・石黒浩教授(ATR客員所長)の監修によって開発。

3Dカメラで黒柳本人をスキャンして等身大の型を作成し、表情やしぐさ、癖なども徹底的に研究。発話に合わせてリアルな口の動きを生成するATRの技術を採用するなど、最新工学技術を駆使したアンドロイドが誕生した。

さらに、「徹子の部屋」の会話を基に、NTTテクノクロス株式会社が開発した最新の音声合成技術によって音声データを作成。2018年には自律会話システムも搭載され、さまざまな場所で徹子との“おしゃべり”が楽しめる予定だ。

今回、黒柳本人とtottoが「徹子の部屋」収録の合間にスタジオで初対面。目の前に現れた自分そっくりのアンドロイドに、黒柳が「あらま! あなたすごくキレイね! ビックリしちゃったわ」と目を丸くする中、tottoからは「お目にかかれてうれしいわ。似ているかしら?」との挨拶が。黒柳は「あなた、ずいぶん私とソックリね。面白いわ!」と好奇心満々な笑顔を返した。

続けてtottoは、「徹子の部屋」の音楽にのせて「皆さま、こんにちは。『tottoの部屋』でございます。今日はすごい方がお見えになりました」と語り、本家さながらのトークを展開。

「この方、小さい頃は“トットちゃん”と呼ばれて大変お転婆娘だったそうですが、今は“ムチャぶりの女王”とも呼ばれているんです」とtottoから紹介され、黒柳も苦笑い。

その後「それにしてもあなた、今日もおキレイね。あ、なんか自分を褒めているみたいでちょっと変ね」とtottoが言うと、黒柳も「…そうね、ちょっと変ね(笑)」などと2人の“トット”が軽快なトークを繰り広げた。 

そんな中、「ちょっと話が飛ぶんですけど、あなたパンダのものまねができるんですって? ちょっとやって下さる?」とtottoが突然黒柳に無茶ぶりをする一幕も。黒柳もたまらず「あなた、ずいぶん“トットちゃん”なのね。疲れることもなくずっと話していられるんでしょ? すごいわ」と感心しきり。

最後にtottoが「あなた、最近一番うれしかったことは何?」と聞くと、黒柳は「あなたにお会いできたことかしら! とても楽しかったわ」と締めくくった。

「tottoの部屋」の特別映像は、youtube、「トットの夢」プロジェクト公式サイトにて公開中。また、「トットちゃん!」の予告編にはtotooが毎日登場し、絶妙トークを披露する。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング