比嘉愛未、幼少期の“精いっぱいのブリっ子”ショットに大反響「既にオーラがすごい」

ザテレビジョン / 2018年6月3日 8時25分

比嘉愛未が天使過ぎる幼少期ショットを公開した

ドラマや映画で幅広い役どころを好演してきた女優の比嘉愛未が、6月2日にオフィシャルInstagramを更新。幼少期の“精いっぱいのブリっ子”写真を投稿し、「かわいすぎ!」「天使ですね!」と大きな反響を呼んでいる。

比嘉は、2008年に連続ドラマとしてスタートした「コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」(フジテレビ系)のフライトナース・冴島はるか役や「DOCTORS 最強の名医」(テレビ朝日系)での看護師・宮部佐知役など、長寿シリーズのレギュラーメンバーとして存在感を発揮。

「コード・ブルー」は、誕生から10年という節目を迎える2018年の7月27日(金)に「劇場版 コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」というタイトルで、シリーズ最大のスケールによる初の劇場版が公開される。

これまで3rdシーズンまで放送され、“ドクターヘリ”に乗り込む若い医師たちが真摯に命と向き合う姿を描いた物語は、放送されるたびに、老若男女から高い支持を得ており、初の劇場版という意味でも大きな注目が集まっている。

■ 幼少期の天使過ぎるショット!

そんな比嘉は、2日にインスタで「家族から昔の写真が送られてきた。きっとこれが精一杯のブリっ子 ちなみに、かなり活発な子でした。#懐かし写真 #顔引きつってる笑」とつづり、目鼻立ちの整った既に“完成されている”幼少期のショットを公開。

そんな比嘉の天使過ぎるショットに、ファンからは「可愛すぎ」「小さい頃から可愛いすぎるぅ~」「顔ちっさ!しかもかわいい」「既にオーラがすごいです」「目大きくて可愛い」「早くもかわいい!」と絶賛の声が相次いでいる。(ザテレビジョン)

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング