ももち&里田まい率いる「カントリー・ガールズ」が結成後初お目見え!

ザテレビジョン / 2014年11月24日 20時46分

結成後初めて公の場に登場したカントリー・ガールズ(左から)嗣永桃子、稲葉愛香、小関舞、島村嬉唄、森戸知沙希、山木梨沙、里田まい

モーニング娘。'14やBerryz工房が所属するアップフロントグループが'13年3月より取り組みはじめ、今回で4回目となる「SATOYAMA SATOUMI movement」イベントが11月22日~24日の3日間にわたり、千葉・船橋のららぽーとTOKYO-BAYにて開催された。その23日に「SATOYAMA&SATOUMI movement withゆうきのつばさ2014~私の街、あなたの街~」と題して、ニッポン放送の公開生放送特別番組と連動したコーナーに、ハロー!プロジェクトの新生ユニット「カントリー・ガールズ」が結成後初めて公の場に登場した。

「SATOYAMA SATOUMI movement」とは、“地域(里山・里海)の景観と暮らしの良さを考え、再認識すること” をテーマとし、農業やアウトドア、DIYなど里山・里海での暮らしや余暇の過ごし方を紹介するトークステージやミニライブなどを行っている。

この日は、カントリー・ガールズのスーパーバイザーとしてアメリカから帰国中の里田まいもステージに登場。初めてのメンバーお披露目と、久々の里田の姿に会場からは大きな拍手と歓声が上がった。

同イベントでは、里田は「お米が大好き30歳」と自己紹介。若々しいルックスに相反した実年齢に、会場に集まった観客は驚きの声が上がる。また、これからグループの活動については未定と言いつつ、里田は「ニューヨークからカントリーな情報をどんどんお届けできればと思っています。これから楽しみです。本当にかわいい子たちなので」と話すと、「なんだか照れるね、そんなにかわいいって言われると」と嗣永桃子が即座に“ぶりっこキャラ”で返すシーンも。キャラの強い嗣永の返しに対し、里田からは「ももちがいることで(グループのカラーが)強くなってるんです」と苦笑いしながらコメントするも、嗣永は「いいスパイスです!」と自分の存在をさらにアピールした。

そんな嗣永に対して、新人の小関舞は「初めて嗣永を見た時どう思った?」と司会のさわやか五郎から聞かれると、すかさず嗣永が「(どう回答すべきか)分かってるよね!?」と強烈なプレッシャー。これに対し、中学1年生でメンバー最年少の小関は「とっっってもかわいいと思いました!」と上下関係を理解した答えをスムーズに返し、会場を沸かせていた。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング