大島優子卒業後初の連ドラは草なぎ剛主演「銭の戦争」! 

ザテレビジョン / 2014年12月1日 11時55分

草なぎ剛主演「銭の戦争」(フジテレビ系)でヒロイン・紺野未央を演じる大島優子/(C)関西テレビ

'15年1月クールのフジテレビ系火曜夜10時枠では、草なぎ剛主演作「銭の戦争」を放送することが分かった。同作はもともと'07年に韓国で放送され、最高視聴率37%を記録した人気ドラマ。今回、その原作となったコミックを日本においてドラマ化する。草なぎが演じるのは、転落するエリート証券マン・白石富生。大島優子がヒロイン・紺野未央役でAKB48卒業後初めて連続ドラマに出演する。草なぎと大島は'13年にスペシャルドラマ「神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~」(フジテレビ系)で共演している。

父親が多額の借金を残して自殺したことで金も職も婚約者さえも失った富生は、赤松金融の経営者・赤松大介(渡部篤郎)の元で働くことに。「金で失くしたもの全て、金で取り戻す!!」と、富生は金を得るためにはどんな苦労もいとわないと誓う。そんな中、借金に苦しむ高校時代の恩師の娘・未央と出会う。未央は富生にいつしか自らが金の魔力に取りつかれていることに気付かせ、2人の間には複雑な感情が芽生え始める。さらに、富生に対して愛憎入り混じった感情を持つ元婚約者・青池梢(木村文乃)も富生の前に再び現れ、やがて複雑な恋愛関係に陥っていく。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング