香り立つ絶品! 魅惑のマグロづくしに食の達人・早川光もうなった!!

ザテレビジョン / 2014年12月10日 23時1分

12月27日(土)放送の「早川光の最高に旨い寿司~寿司屋の看板!マグロスペシャル!!~」で早川光が訪れた東京・四谷の「寿司金」

TwellVで毎週日曜に放送中の「早川光の最高に旨い寿司」の、12月27日(土)に放送される年末スペシャルの内容が発表された。

同番組はマンガ原作者であり著述家の早川光が、日本人が愛してやまない“寿司”の魅力を江戸前寿司の名店の職人技と共に紹介するグルメ番組。今回のスペシャルの最大の見どころは、東京・四谷(荒木町)の名店・寿司金の親方・秋山弘さんの手による珠玉の“マグロおまかせ10品”。「赤身」「中トロ」「カマ」「背トロ」「スナズリ」「5種混合」「脳天」「コメカミ」「ヒレ下」「マグロと玉子の巻物」と、マグロの魅力をとことん堪能できる絶品メニューが登場する。中でも「ヒレ下」(胸ビレの下の部分)は包丁でさばくことが難しく、わずかな量しか取れない、まさに熟練の秋山さんしか握ることができないという貴重なネタ。果たしてどのような味なのか、大いに興味がそそられるところ。この道60年のキャリアを誇る秋山さんも「部位によって味わいが変わる不思議な魚」と語るように、包丁の入れ具合一つでも変化するマグロの繊細な味を、映像を通してじっくり丁寧に伝えていく。

早川は10品を食べ終えた後「マグロの最高の魅力は“香り”であるとともに、本当にうまいマグロはどの部分を食べてもうまいんだということを再確認しました」と絶賛した。

また、番組ではこの他にも、マグロの名産地である青森・大間町でのリポートも紹介。番組プロデューサー・池上直樹氏は「ロケの日は幸運にも40本もマグロが捕れる大漁でした。中でも大間漁場でことし一番の大きさとなる341kgのマグロが水揚げされ、札幌市場の史上最高値で落札されました。ほかにも、 自分と息子の親子二代でマグロの史上最高値記録を持つマグロ漁師・竹内さんへの取材、140kgのマグロの解体シーン、地元の寿司屋さんの様子なども織り交ぜながら、詳細にリポートしていきます」と語った。「寿司金」のマグロづくしと共に、こちらも見どころの一つとなっている。

最後に早川は「日本で今食べられる最上級のマグロ10貫をお見せできると思いますので、ぜひご期待下さい。マグロが本当においしいのは1月いっぱい。これを見たらマグロを食べたくなることは間違いありません(笑)。すぐに食べに行ってほしいです」とアピールした。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング