キャプ&雅ちゃんが振り返るBerryz工房の10年~ハロショ千夜一夜(2)~

ザテレビジョン / 2014年12月14日 15時46分

Berryz工房・清水佐紀&夏焼雅「ハロショ千夜一夜~第十五夜~」2ステージ目では'07年を振り返る

Berryz工房・清水佐紀と夏焼雅のトークイベント「≪ハロショ千夜一夜~第十五夜~≫Berryz工房 清水佐紀&夏焼雅『その時、Berryz工房は。』」が12月4日、東京・秋葉原のハロショ(ハロー!プロジェクト オフィシャルショップ)秋葉原店で行われた。(2)では、2ステージ目「その時、Berryz工房は。その2」の模様を紹介する。

2ステージ目では'07年を振り返ることになり、まず写真集トークに。夏焼が自身の写真集「MIYABI」について解説した後、熊井友理奈の写真集を見て「熊井ちゃんかわいいね。ピュアだよね」(清水)、「私たち、熊井ちゃんを結構推してるよね」(夏焼)、「ちょっとまだ幼さがあるね、これ」(清水)と大盛り上がり。続いて話題はライブDVDへと移るが、「私、本当に昔の映像を見たくないんだよね。昔の映像嫌いなの!過去を封印して生きているの!!」という清水は、「Berryz工房コンサートツアー2007夏 ~ウェルカム!Berryz宮殿~」について「膝を壊してて、ずっとテーピングしてたの。でね、どっかの公演で階段からドドドドドーンって滑り落ちた覚えがある」と振り返った以外はモニターの映像を嫌がりっ放し。また、夏焼が「楽屋裏はいつも騒ぎだったよね。1回目終わって何でそんな元気なの?って感じ」と当時を思い出すと、「今とは疲労が違うよね」(清水)、「今はほとんどしゃべれないもんね。1回目終わって楽屋入って、座ってみんなボーっとして。で、まあご飯食べに行こうって言って、みんな取りにいって黙々と食べて、また無言で座る」(夏焼)と現在の楽屋裏についてコメント。さらに、「疲れが抜けないよね」と声をそろえ、「休憩時間はみんな、シップ貼ってる」(夏焼)、「そう、だから差し入れで休息シートをもらうのがうれしくて」(清水)、「差し入れが最近、食べ物じゃなくてシップとかがすごく多い」(夏焼)と明かす。また、横浜アリーナでのハロー!プロジェクトコンサートを振り返り、「走れてたんだよ」(夏焼)、「このころはね」(清水)、「今だったら多分手を振りながら歩くだろうね、ゆっくりと」(夏焼)、「見てる感じでね」(清水)、「まあ、そういう成長ですよ。歩けるようになったの私たち。逆に!」(夏焼)、「ちょっと心に余裕ができたよね」(清水)とアピールしていた。

CDの振り返りでは「この辺(「告白の噴水広場」のころ)、平凡だった。けんかもなくて。最近、もうけんかしないしね」(夏焼)と、1ステージ目に続いてメンバー間でのけんかの話題に。「イラッとしてものみ込むよね。たまにのみ込めないときもあるけど(笑)」(清水)、「そういう時はどうしてるの?」(夏焼)、「ママに愚痴を聞いてもらう。みやは?」(清水)、「とりあえず音楽聞いて自分の気持ちを落ち着かせて、それでも収まらないときはママに言う。それか、しみちゃんに言ってるかな。人に言うとすっきりするんだよね」(夏焼)とストレス解消法も紹介した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング