相武紗季が官能シーンに初挑戦!桜木紫乃作品のヒロインに

ザテレビジョン / 2014年12月12日 6時0分

連続ドラマW「硝子の葦~garasu no ashi~」で相武紗季が初の官能シーンに挑戦する

WOWOWプライムで'15年2月21日(土)にスタートする連続ドラマW「硝子の葦~garasu no ashi~」に相武紗季が出演し、官能シーンに初挑戦することが分かった。

同作は、直木賞作家の桜木紫乃のミステリー小説「硝子の葦」をドラマ化したもので、女性の業と情念から生まれるさまざまな犯罪を性愛シーンと絡めながら描く。また、桜木作品の映像化は今回が初。ラブホテルのオーナーの妻・幸田節子を演じる相武は、過激な官能シーンにひるむことなく撮影に臨み、これまでの彼女イメージを覆す新たな挑戦が注目を集めている。

節子役を演じることについて、相武は「私自身とっても楽しみにしています。こういう作品に私を選んでくださること自体チャレンジだなと。感情を押し殺して進んでいくお芝居が自分の中でどう広がって、節子にどう影響していくのかまだ想像がつかないですね」と語り、「どう演じるというより、自分がどうなっちゃうんだろうと期待しています」と目を輝かせる。見どころについて、「一番衝撃的なのは、ラブシーンと人を殺すシーンだと思います。こういう役をやったことがなかったので、内容がショッキングなのはもちろんですが、節子という役を私が演じていることで、皆さんにも驚いていただけるんじゃないかと思います」とアピールした。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング