ライブDVDリリース記念w-inds.インタビュー!前編「今までで一番好きなDVDです」

ザテレビジョン / 2014年12月13日 10時30分

2014年夏のツアーの模様を収めたDVDをリリースするw-inds.。(写真左より)千葉涼平、橘慶太、緒方龍一。より歌にこだわったライブは映像でも見ごたえ十分

12月17日(水)にライブDVD&Blu-ray「LIVE TOUR 2014“Timeless”」をリリースするw-inds.。本作には、レトロモダンなサウンドをw-inds.流に表現したアルバム『Timeless』を引っ提げたツアー最終日・東京国際フォーラム・ホールA公演のほか、貴重なオフショットやインタビューも収録されている。橘慶太、千葉涼平、緒方龍一の3人に見どころなどを聞いた。

――w-inds. 公式サイトからはダイジェスト映像が公開されていますね。ご自身で仕上がりを見た感想は?

緒方龍一(以下、龍一):今回は、ライブDVDとしては初めてだけど、昔からお世話になっているMTVさんの映像チームにお願いしたんです。w-inds.のことを好きでいてくれて、応援してくれている方々なんですけど、オン(ステージ)の部分はもちろん、特典映像のオフショットも本当にいいんです。僕らがふざけていたり、気を抜いていたりするようなところも、このチームのフィルターを通すと、撮る人が撮ると、こんなにもいいDVD(映像)になるんだなぁって(笑)。もちろん、ピントの合わせ方とか、撮影の手法とか、技を使っているとは思うんですけどね。実は、何回も自分たちのDVDを見ることはあまりないんだけど、今回はオフショットも面白くてチェックで5回くらい見ましたもん。オフショットの中に、僕は2人(橘慶太&千葉涼平)のこういうところをみんなに見てほしいっていうポイントがいっぱいあるんですよね。これまでのDVDにはなかったような。だから、今までで一番好きなんです。

橘慶太(以下、慶太):ツアー中2人が僕のことをずっと「ジャイアン」って呼ぶんですよ。DVDでは別々にインタビューを受けているんですけど、その話もしているみたいで(笑)。

――反論はあるんですか?

慶太:ないです!

全員:(笑)

龍一:「ジャイアン」と呼ばれる理由がわかるシーンもバッチリ入ってます。

――オフショットからして見ごたえがある、ということですね。ライブ本編の方はどうですか?

千葉涼平(以下、涼平):本編はもちろん良かったですよ。カメラの台数もすごく多かったし。

慶太:セットリストでいうと、実は今回、シングル曲は1曲しかやってないんですよね。だけど、すごくまとまったライブができたという実感があって。

――シングルのカップリング曲など意外な選曲もありましたね。生のバンドサウンドとの融合も印象的でした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング