「かんぽ生命ドリームステージ発表会」で元宝塚トップスター・瀬奈じゅんが“シャンシャン”で決めポーズ!

ザテレビジョン / 2014年12月15日 21時13分

「かんぽ生命ドリームステージ発表会」に登場した(左から)かんぽ生命保険・石井雅実社長、瀬奈じゅん、中井美穂

「“かんぽ生命 夢、応援宣言”かんぽ生命ドリームステージ発表会」が12月15日に東京・丸の内のKITTEで行われ、元宝塚歌劇団月組トップスター・瀬奈じゅんが出席した。

かんぽ生命は文化的活動の一環として、夢に向かって挑戦する人生を応援するため宝塚歌劇に協賛することを決定。まずは、ことし100周年を迎え'15年に新たな100年に歩みだす宝塚歌劇の新作となる月組公演「スペクタクル・ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』」に協賛する。この作品は、'12年にフランス・パリの「パレ・デ・スポール」で初演されてからフランス国内で何度も上演されてきたヒット作で、フランス革命を背景に描かれたラブストーリー。日本では、小池修一郎潤色・演出による“宝塚バージョン”として龍真咲を主演に宝塚歌劇で初上演される。

会場には宝塚ファンを公言する中井美穂も登場し、瀬奈と夢や宝塚歌劇団についてのトークを繰り広げた。かんぽ生命の応援宣言に掛けて“夢”について、瀬奈は「宝塚に入った時点でトップスターになりたいという夢はあったけど、勇気がなくて口にできませんでした。入って10年くらいしたらやっと言えるようになりました」と意外な過去を告白。また、今の夢について質問されると、「私の人生の中の一番大きな夢(トップスターになること)をかなえてしまったので、今は新たな夢に向かって進み出す一歩だと思います。夢とは違うかもしれないけど、家族を大切に穏やかに暮らすというのも夢です。日々を大切にしていきたいです」と笑顔で語った。

イベント後半には、宝塚ファンにはおなじみの“シャンシャン”(ブーケ仕様の小道具)が登場。瀬奈が「これを持ったのは5年ぶりくらいです。持つと気分が変わりますね(笑)」とコメントすると、初めて持ってみた中井は「うわっ、思った以上に重いですね! (舞台では)皆さん何回もきらびやかに振り上げているますが、結構大変なんですね」と率直な感想を述べた。さらに、中井が瀬奈に“シャンシャン”の持ち方やお薦めの決めポーズのポイントを教わる一幕もあり、中井のテンションはかなり高ぶっていた。

なお、12月21日(日)までKITTEの1Fにあるアトリウムでは、月組の公演で使用されてきた宝塚歌劇団の衣装や“シャンシャン”などの特別展示が行われる。フォトコーナーでは“シャンシャン”や仮面を持って撮影することができるという、ファンにはうれしいサービスも実施。その他、'15年2月28日(土)には瀬奈と中井が100組200人を招待して「美と健康のドリームトークショー」を行う。応募は特設WEBサイト「かんぽドリームシアター」で受付中だ。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング