RIP SLYMEとチームしゃちほこの一夜限り!?のコラボ! unBORDE Xmas PARTY2014開催! 

ザテレビジョン / 2014年12月24日 20時5分

「熱帯夜」でRIPとコラボレーションしたしゃちほこ/撮影=橋本塁

2010年にワーナー・ミュージックジャパン内で発足したレーベル「unBORDE(アンボルデ)」がレーベル発足4周年を迎える12月23日にZepp Tokyoにてことしで3回目となるライブイベント「unBORDE Xmas PARTY 2014」を開催。チケットは完全SOLD OUTの満員御礼!2700名のオーディエンスを迎えての盛大なX‘mas PARTYには、所属アーティスト、アカシック、androp、Indigo la End、神聖かまってちゃん、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゲスの極み乙女。、高橋優、チームちゃちほこ、tofubeates、RIP SLYMEの総勢10組が登場!

トップバッターを4人組ロックバンド・andropが務め、「Mirrorr Dance」「voice」など計6曲を歌い上げ、会場を盛り上げた。またRIP SLYMEのライブ中「熱帯夜」ではチームしゃちほこが登場し、一緒にダンス! 突然のコラボに観客も大盛り上がり。のちのMCで、RIP SLYMEのSUは「しゃちほこが出てきたら、急にサイリウムが光りだして。おお!と思ったけど、いなくなったら消えちゃって…。点けたままで良かったのに」と告白し会場は大爆笑に。また、RYO-Zも「向かい合って踊るのが恥ずかしくって」と実は、このコラボレーションに照れていた様子。

その他、きゃりーぱみゅぱみゅは、真っ白の衣装に身を包み、ファンに振り付けをレクチャーし、会場を一体に。つづけてゲスの極み乙女。のライブでは、川谷が風邪の不調を訴えていたが、それを微塵も感じさせない圧巻のライブを。ドラマの主題歌となった「猟奇的なキスを私にして」から始まり、「デジタルモグラ」「アソビ」など計6曲を披露。「2015年のunBORDEを引っ張るのは俺ら」と力強いMCも。初の大トリを務める高橋優は「パイオニア」から「太陽と花」まで激しいロックチューンでこれでもかと盛り上げる!さらに秋田弁で歌う「泣ぐ子はいねが」を会場全体で大合唱。なまはげも現れ、Tシャツを観客に投げ込むプレゼントも。

アンコールでは高橋の「福笑い」にのせて、tofubeats、indigo la End、アカシックのメンバーも登場し全員で合唱。スペシャルなコラボが見られた一夜限りのライブは最大の歓声と共に幕を閉じた。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング