羽生結弦がGReeeeNの楽曲を熱唱!?

ザテレビジョン / 2014年12月30日 4時35分

「平成27年はたちの献血キャンペーン」新CM「エアボーカル篇」に出演する羽生結弦選手

ソチ五輪フィギュアスケート男子シングル・金メダリストで、先日の「GPファイナル」や「全日本フィギュア」でも優勝した羽生結弦選手が、日本赤十字社による「平成27年はたちの献血キャンペーン」キャラクターに就任。'15年1月1日(木)からスタートする新CM「エアボーカル篇」に出演する。20歳の羽生選手が、同世代の若者に献血への協力と参加を訴えかける内容だ。

CMでは、GReeeeNが手掛けたキャンペーンソング「ビリーヴ」を“エアボーカル”で口ずさむシーンが登場。「音楽好き」を自称する羽生が、歌詞のメッセージを懸命に伝える姿が印象的な仕上がりになっている。

CMの撮影を振り返り、羽生は「スケートの演技と一緒で、本番の撮影中は集中していましたが、その前はとても緊張しました(笑)。すごくダイレクトなメッセージが込められた歌詞だと思います。『あきらめないって決めただけ それを信じてんだ』という部分とか」と語った。キャンペーンキャラクターに就任するまでは、「僕自身、献血が病気を抱えている方のためになる行為だということは漠然と理解していましたが、実際に行動に移したことはありませんでした」と明かした羽生。今回のCMを通じて「献血のことを知ることができて本当によかったです。献血という言葉は知っていても、どのように人のためになっていくのか、輸血を必要としている方がどれだけいるのかという現状は教わる機会が少ないと思います。そんな方たちにも、自分を通じて献血というものが少しでも広まってくれたらいいですね」と語った。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング