“レコ大”新人賞のイケメン長身グループ・SOLIDEMOを直撃!【後編】

ザテレビジョン / 2014年12月30日 6時15分

「日本レコード大賞」新人賞を受賞したSOLIDEMO。本番用にゴージャスな衣装を用意しているというので、衣装も必見!

(【前編】から続く)

――「日本レコード大賞」の新人賞を受賞されましたが、率直な感想はいかがですか?

渡部俊英「うれしいです。歌手目指しての苦節12年だったので、メジャーデビューができて、それにプラスしてこの新人賞の受賞ですから、ことしはやり切った年だったと思います。授賞式の時は、他の歌手の方を見て『何でここに立っているのかな?』って思ったくらい、最初は夢の中にいるような気持ちでした。また来年もこの場所に戻って来たいという気持ちになりました」

佐々木和也「周りに数多くのビッグアーティストがいて刺激を受けました。一人一人見ていると、何万という人を動かせる力を持っているアーティストさんばっかりだったので、僕たちもそんなふうに動員できるようなアーティストになりたいなって! 全然緊張しませんでしたけど、その場にいられてすごく武者震いをしました!」

向山毅「僕もすごく引き締まった気持ちになって、もっと頑張らなきゃいけないなって!」

手島章斗「素直にうれしかった反面、自分の中で責任感が強くなっていきました。これからは自分たちの見られ方も変わって、行動の一つ一つが今後につながっていくと思うと、責任感を大きく感じたんですよ。授賞式でいろんなアーティストを見て、佐々木と同じ気持ちでした。負けたくないって!」

佐々木「分かる!」

手島「あの場に立ってオドオドするのが嫌だったので、ビシッと堂々と立っていました」

佐々木「そうだね。(他のアーティストに)負けたくないって、そのとき手島とも話してましたよ」

――12月30日(火)の「第56回輝く!日本レコード大賞」本番のステージへの意気込みは?

渡部「たくさんの方に見ていただけると思いますので、100%のパフォーマンスを見せられるように頑張りたいです」

佐々木「当日はドラマ『ファースト・クラス』('14年、フジ系)のテーマソング『Heroine』を歌います。僕たちもメジャーデビューまでの経験を生かした最大限のパフォーマンスを披露します。“来年も頑張っていくぞ!”という決意表明を見せたいですね!“また来年戻ってくるぞ!”という気持ちも込めてやりたいです」

向山「たくさんのファンの方やスタッフさん、友人や家族に支えられてきたので、皆さんの思いをステージに持って行って、ステージで最高のパフォーマンスができるようにしたいです」

手島「他のアーティストさんに負けないよう、全力でパフォーマンスするのは当然なんですが、トークでも貪欲にいきたいです。毎週ライブのトークコーナーでバラエティーっぽい企画もやっているので、本番のトークでもそれぞれの個性を出せるようにしたいですね。歌う姿とのギャップも突き詰めて行けたらなって思ってます! あとは、衣裳をレコード大賞用に作っているんですよ!」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング