紅白2回目出場のE-girlsがリハーサルで成長を実感!

ザテレビジョン / 2014年12月30日 0時46分

ことしは6枚のシングルも発表し、3都市を巡るライブツアーで単独の日本武道館公演も行った「第65回NHK紅白歌合戦」に出場するE-girls

12月31日(水)にNHK総合にて生放送される「第65回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日にスタートし、2回目の出場となるE-girlsがリハーサル後に報道陣の取材に答えた。

EXILEのHIROから'14年は「結束力」というテーマを与えられていたといういうリーダーのAyaは、「アリーナツアーという初めてのツアーをすることができたので、そこでよりE-girlsの結束力が高められたのではないかと思います」とことしを振り返った。

また、「1回目の紅白は緊張しすぎて皆パニック状態に近かったので、2年目の今回は落ち着いてリハーサルができたのではないかなと感じています。初めての緊張を味わうことはできないけれど、2回目の緊張感を持ってやっていきたい」と、本番に向けての抱負を述べた。

さらに、今回のステージ衣装については「メンバー自ら『こういうのを着たい!』という案をスタイリストやスタッフに出した衣装を着ます。そこを見ていただければ」とアピールした。

一方、今回の「紅白歌合戦」で同じ事務所のEXILE、3代目j soul brothersら先輩と共演するにあたり、「普段は仲間として、後輩として関わらせていただいていますが、白組、紅組ということでそういった関係性になるのもなかなかないので、先輩方に勝てるように紅組に貢献できたらと思います」と意欲を見せた。

最後に来年の目標について問われると、Ayaは「2013年、2014年は初めての事だらけでしたが、紅白も2回目の出場ですし、来年は“繋げていく”という事が大きな目標なのかなと。私たちの大きな夢は『ライブを続けられるアーティスト』になることなので、それを叶えるべく、未来に繋げられる1年にしたいです」と力強く語った。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング