“ドラマの可能性がまた広がった”「オリエント急行殺人事件」舞台あいさつに野村萬斎、二宮和也らが登壇!

ザテレビジョン / 2015年1月7日 5時0分

「オリエント急行殺人事件」で名探偵・勝呂を務めた主演の野村萬斎

1月11日(日)、12日(月)の2夜連続でフジ系にて放送されるSPドラマ「フジテレビ開局55周年特別企画『オリエント急行殺人事件』」の完成披露試写会が1月5日に東京・お台場シネマメディアージュで行われ、脚本の三谷幸喜をはじめ、出演者の野村萬斎、松嶋菜々子、嵐・二宮和也、杏、玉木宏、沢村一樹、佐藤浩市が舞台あいさつを行った。

同作はアガサ・クリスティーの名作ミステリーを三谷幸喜の脚色で、舞台を昭和初期の日本に移しテレビドラマ化。名探偵・勝呂(野村)は、山口・下関駅から“特別急行東洋”に乗車。その車中で佐藤浩市演じる実業家・藤堂が殺害され、勝呂は執拗に刺された藤堂の遺体から犯人の動機は復讐ではないかと疑う。そして、犯人は乗客の中にいると判断した勝呂は、松嶋、二宮、杏らが演じる乗客12人を一人ずつ尋問していく。

三谷は「僕は自分で脚本を書いた人間ですけども、すごくすてきな作品になっていると思います。テレビドラマに関わる人間として、ドラマの可能性がまた広がったんじゃないかなと。(通算放送時間)6時間ですからね。映画ではまず成立しない。6時間かけてきっちり描くことができた、それがまずテレビの持っている強さじゃないかなと思います。殺人事件という本当は暗い題材なんですけども、最後は皆さんに感動していただけるものになっていると思うし、何よりゴージャスですし、こんなに新春にふさわしい殺人事件はないんじゃないかってくらいすてきな事件になってますので、ぜひ楽しみにしていてください!」とあいさつした。

また、野村が「名探偵・勝呂を演じました。全員を取り調べするということで、これだけ豪華なキャスト陣と演技を交えられるということは感動的でした。探偵というのは、皆さまを引き立てるというのが使命かと思いまして、皆さんのキャラが生きるよう心掛けました。探偵冥利に尽きたなと思っております」と語ると、三谷も「名探偵・勝呂は野村萬斎さん以外できなかった! 第1夜の最後、15分近く長ぜりふで彼が謎を解くシーンがあるんですが、すごいです! 圧巻です! もう、テレビ史上に残るくらいすごいシーンになってます! 彼じゃなければ成立しなかったなと思っております!」と大絶賛。そして、そんな野村の気迫に圧倒されたという二宮も「私は、そこのプレッシャーに耐えきれず3度ほど噛みましたけども(笑)。何がすごいって、一連の長ぜりふをっていうのはもちろんなんですけど、それを何回もやりきったということなんですよね。一発本番で良いってことじゃなくて、僕らのためにももう一回というのを、何度も何度もやり通したというのが、俺はすごい感動してました」と撮影当時を振り返った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング