「まっしろ」で看護師役に初挑戦する高梨臨は、超肉食系サバサバ女子!?

ザテレビジョン / 2015年1月9日 12時36分

ぺプラム風の丈とミニスカートがキュートなナース服

TBS系でスタートする新ドラマ「まっしろ」(1月13日・火スタート)の制作発表に、堀北真希、柳楽優弥、志田未来、高梨臨、菜々緒、MEGUMI、眞島秀和、石黒賢、水野美紀、木村多江らが登壇した。同作の舞台は、高額な医療費にも関わらず患者が常に待機しており、政財界の大物や、芸能人、文化人らに絶大な支持を受けている最高級セレブ病院“東王病院”。そこで働く看護師の世界は、人間関係が複雑であることから“白い大奥”と呼ばれている。その“白い大奥”に身を置く、朱里(堀北)、菜々(志田)、木綿子(高梨)ら3人の看護師の青春群像劇だ。

個性的なキャラクターが際立つ同作だが、中でも高梨臨演じる木綿子は、買い物、酒、エステ、恋愛にハマるという超肉食女子。東王病院にやって来たのは、以前勤めていた病院の外科医との不倫を断つため…というワケありで、結局今も不倫関係は続いている。腕が立ち、周囲にこびないクールビューティーなナースだが、看護師仲間でコイバナになると、「さっさと押し倒しなよ。寝たら終わりなんて古いよ」と肉食恋愛論でアドバイスをするサバサバ姉御キャラである一方、さみしがりで早くいい男をみつけてお嫁さんになりたいという乙女な夢を持っている。

この役柄について、高梨は「木綿子のキャラは、サバサバしていて、派閥にも属さず、自分の考えは持っていてクールだけど、女の子の面も持っている二面性のある役。買い物を豪快にするシーンは、演じていて楽しかったです(笑)」と感想を語った。セレブ病院らしく個性的なナース姿も注目ポイント。スカートの種類やデザインがそれぞれ異なっており、高梨演じる木綿子、菜々緒演じる明日香のスカート丈は短め。一方、志田未来演じる菜々のスタートは、フレアラインで、バックにはリボンも付いているなど、個性に合わせてスカートの種類やデザインが異なっている。ナース服に質問が及ぶと、高梨は「私の姉が看護師をやっているんですが、こんな動きにくい衣装ありえない!って姉にツッコまれました(笑)」と率直にコメントし、会場の笑いを誘った。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング