キスマイが“昔の遊び”最新版に全力投球!

ザテレビジョン / 2015年3月21日 5時0分

3月31日(火)から新番組「あの遊びをバージョンアップ! キスマイ GAME」の放送が決定!/(C)テレビ朝日

テレビ朝日系では、3月31日(火)よりKis-My-Ft2の新番組「あの遊びをバージョンアップ! キスマイ GAME」が放送されることが決定した。

現在放送中の「Kis-My-Ft2 presents オフィスラーニングバラエティ OLくらぶ」では、会社で働く女性たちの世界を体感ながら、社会人としての知識を学んできたKis-My-Ft2。そんな彼らがオフィスを卒業し、さまざまなプロフェッショナルたちとタッグを組んで鬼ごっこやかくれんぼ、缶蹴りなど日本の子供たちが夢中になった“昔の遊び”を'15年最新版の遊びにバージョンアップ。

エキサイティングかつ専門的に生まれ変わった“昔の遊び=キスマイGAME”をメンバーが体を張って体験し、面白さを提案。“学ぶキスマイ”から“一緒に作り出すキスマイ”を目指す。

初回放送では、最新防犯カメラを扱う会社が“だるまさんが転んだ”をバージョンアップ。キスマイメンバーとゲストの現役プロレスラー・小川直也選手が、指先や呼吸などの微妙な動きまで感知する高性能な防犯カメラシステムに探知されず、ゴールを狙っていく。

■早速収録を終えたメンバーに直撃取材

――初回収録の感想をお願いします。

北山宏光:“だるまさんが転んだ”で使った防犯カメラは、ちょっと動いただけで反応するので、大人も子供も熱くなっちゃう感じで楽しかったですね!こうゆうアプリが出ないかなって思いました。

玉森裕太:ガチで防犯カメラに動きがバレないように、必死で遊んでいた気がします。すごく熱くなりました!

藤ヶ谷太輔:床に寝転がってみたり、一生懸命遊びました!大人になってからはあまりしないので、より新鮮に感じましたね。

宮田俊哉:昔から遊んでいたものが、今の最新技術と融合するとここまで面白くなるんだなって思いました。

千賀健永:今の防犯カメラって、ちょっとした動きでもこんなに検知するんだって思いました。今の時代のカメラってすごいんだなぁって感心しましたね。

二階堂高嗣:昔の遊びをしたのがすごく新鮮で、楽しかったです。24歳にして「あっ、オレ、だるまさん転んだ強いんだ!」って分かりました。

横尾渉:日本の技術ってすごいなって感じましたし、日本の伝統の遊びを守っていかなきゃいけないなってあらためて思いました。

――今後やってみた遊びを教えてください。

北山:昔よく“がんばこ”で遊んだんですけど、今やったら面白そう。みんなで“缶蹴り”や“ベーゴマ”にも挑戦してみたいです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング