乃木坂46「アンダーライブ」千秋楽2000字レポ! 座長・堀未央奈が涙&秋元真夏の乱入!?

ザテレビジョン / 2015年10月26日 22時27分

10/25(日)、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo行われた乃木坂46のアンダーメンバーによる「乃木坂46 アンダーライブ4thシーズン」の千秋楽レポをお届け!(取材・文=大小田真)

乃木坂46の12thシングル「太陽ノック」のアンダーメンバーによる「乃木坂46 アンダーライブ4thシーズン」が25日、AiiA 2.5 Theater Tokyoで千秋楽を迎えた。4月に行われた「-3rdシーズン」から半年、さらに成長したメンバーたちが10日間12公演に渡るライブを完走した。

アンダーライブでは毎回、該当シングルのアンダー楽曲でセンターを務めるメンバーが座長を務める。「-4th」でその大役を担う堀未央奈が、「千秋楽、盛り上がっていきましょー!」とあおると、会場は一気にヒートアップした。

堀が選抜のセンターに大抜擢された7thシングル「バレッタ」に収録されていた「初恋の人を今でも」(オリジナルのセンターは星野みなみ)でライブがスタート。「君は僕と会わない方がよかったのかな」「別れ際、もっと好きになる」など最近の曲が続いた後、ファンの間では初期アンダーの名曲かつ、ユニット“乃木團”の持ち歌としても認知されている「狼に口笛を」ほか7曲を立て続けに披露した。

MC明けには、衣装チェンジしたメンバーが4曲のユニット曲を披露。CD収録時は齋藤飛鳥、星野みなみ、堀の三人が歌った「なぞの落書き」を、北野日奈子、伊藤かりん、寺田蘭世が担当したほか、オリジナルでは白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、深川麻衣が歌う「魚たちのLOVE SONG」を、川村真洋、斎藤ちはる、永島聖羅、堀によるユニットが歌い上げた。

連続公演としての「-4th」はこの日のステージが千秋楽となったが、その集大成として12/17(木)、18(金)日本武道館での単独公演も決定している。2度目のMCタイムでは、この武道館公演をより良いものにするための「緊急生討論会」を開催。来場者から募った事前アンケートをもとに、「ライブ後、メンバーに見送ってほしい!」「メンバー全員がウェディングドレスを着て『悲しみの忘れ方』を歌ってほしい!」などのリクエストについて検討した。

後半に入ると、「春のメロディー」「扇風機」などが続き、「生まれたままで」のパフォーマンス中にはサインボールが投げられファンを沸かせた。その後のMCでは、川後陽菜、相楽伊織、中田花奈、能條の4人が、観客からのお題を受けて即興でトークを展開するコーナーが。ここで、会場の最後列にいたひとりの女性が立ち上がり、ペンライトを振って必死にアピール。マイクを渡されたその人物が「乃木坂46の秋元真夏です!」と名乗ると、会場は大盛り上がり。隣には同じくメンバーの西野七瀬も座っており、「なぁちゃん(西野)が『真夏もトークのお題を出してみたら?』って言うので思い切って立ち上がりました! 『ずっきゅん』についてどう思いますか?」と自らの必殺技についてお題を投げた。すると、以前は秋元を“推しメン”として挙げていた相楽が「最初は『ずっきゅん』にやられていたんですけど、今は生駒(里奈)さんに“推し変”しました!」とあっさり告白。一瞬、ショックを受けたかのように見えた秋元だったが、「私、二番でもいいよ!」と笑顔で応えメンタルの強さを見せつけた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング