長瀬智也、神木隆之介らの“最恐”バンドがデビュー!

ザテレビジョン / 2015年11月26日 12時0分

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の主題歌を長瀬智也らが歌うことが決定した/(C) 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

来年2月6日(土)に公開される宮藤官九郎監督最新作「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」で、劇中に登場する地獄のロックバンド“地獄図(ヘルズ)”が映画の世界を飛び出し、実際にCDデビューすることが決定した。長瀬智也、神木隆之介、清野菜名、桐谷健太という豪華メンバーがバンドで奇跡のメロディーを奏でる。

地獄図(ヘルズ)は、地獄で絶大な人気を博す“地獄専属ロックバンド”。ボーカル&ギター・キラーK(長瀬)、ギター・関大助(神木)、ベース・邪子(清野)、ドラム・COZY(桐谷)と、本作品でしかありえない豪華メンバーが集結する。

'16年2月6日(土)の映画公開に先駆け、2月3日(水)にリリースされるサウンドトラックに収録されているのは、主に地獄図(ヘルズ)が劇中で演奏する楽曲の数々。

主題歌となる「TOO YOUNG TO DIE!」は、元THE MAD CAPSULE MARKETSのKYONO、物語の中で重要な役割を担う曲「天国」は、ZAZEN BOYSの向井秀徳がそれぞれ作曲を手掛け、作詞は宮藤が担当している。

その他には、地獄図(ヘルズ)に敵対するガールズバンド“デビルハラスメント”が歌う「デビルハラスメント」や、劇中で歌われるさまざまな楽曲、そして厳選されたスコア楽曲などが収録されたオムニバスアルバムとなっている。

一度聴いたら忘れられないハードなロックサウンドや、耳に残るキャッチーなサビのフレーズなど、「TOO YOUNG TO DIE!」をはじめ、数々の“地獄サウンド”が凝縮されたサウンドトラックは、まさに最初で最後の(?)地獄のグレイテスト・ヒッツアルバムという出来栄えに。

お遊びではなく、妥協なしで製作された地獄のロックアルバムとして、映画のサウンドトラックのイメージを塗り変える。

ボーカルの長瀬は「レコーディングは、ギターの神木くん、ドラムの健太くん、ベースの清野さんとゲラゲラ笑いながら、真剣にやりました。僕が演じるキラーKのボーカルは、ロックなハイトーンボイス。“グルーヴ”と役柄の気持ちを意識して、思いっ切り歌いました。

日本でミクスチャーロックを成立させた第一人者のKYONOさんが作った曲を歌えたことを、とても幸せに思います! 向井さんが作ったナイーブで壮大な曲『天国』をはじめ、どの曲も本当に素晴らしいです。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は、ロックの楽しさと笑えるところ、音楽が生まれる理由なども描かれている作品なので、CDを聴いてからこの映画を観たら、さらにグッと入り込めるんじゃないかと思います」と、熱いコメントを寄せた。

一方、神木は「今回、ギターで参加させていただきました。本格的にギターを弾くのは初めてで最初は不安もあったのですが、楽しく練習することができました。長瀬さんにもいろいろとご指導いただきながら頑張りましたので、皆さんぜひ聴いてください!」と、自信を見せた。

また、長瀬が熱唱する主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」入りの本予告映像が映画公式サイトおよび、Asmik Aceの公式YouTubeチャンネルで公開された。

さらに、映画本編にもゲストとして、char、野村義男、マーティ・フリードマン、ROLLY、快速東京、木村充輝といった超豪華ミュージシャン。プロレス界から関本大介、お笑い界からゴンゾー、ジャスティス岩倉が参戦することも合わせて決定した。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング