AKB48の次世代を担うチーム4の新公演がスタート

ザテレビジョン / 2015年12月3日 22時57分

新チーム4「夢を死なせるわけにいかない」公演/(C)AKS

AKB48、高橋朱里率いる新チーム4の「夢を死なせるわけにいかない」公演が12月3日、AKB48劇場でスタートした。

AKB48のチームの中で、チーム8の次に平均年齢が低いチーム4。小嶋真子や渋谷凪咲、朝長美桜らがさわやかな笑顔を、西野未姫や岡田奈々らがキレの良いダンスを披露し、若さと勢いを感じさせるステージとなった。

初の兼任となる、北川綾巴(SKE48/AKB48)は「いつもより倍、緊張しています。みなさんとチーム4のみんな共、仲を深めていきたいと思います」とフレッシュなコメントを残した。

この日、センターを務めた小嶋真子は「リハーサルを重ねて、みんなだんだんと仲良くなって、チームらしさも出てきて、とてもいい初日を迎えられました。みんなで力を合わせてがんばりますので、応援よろしくお願いします」と話し、キャプテンの高橋朱里も「まだこのステージに立っていないメンバーもいますが、みんなで一丸となってチーム4、そしてAKB48を盛り上げていきたいと思います。これからもぜひ私たちの応援をよろしくお願いします」と熱っぽく語った。

12月8日(火)にはグループ結成10周年を迎えるAKB48。チーム4をはじめとした、若手、次世代のメンバーによる新たなストーリーにも注目していきたい。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング