福士蒼汰が時代劇映画初主演!「曇天に笑う」実写化

ザテレビジョン / 2016年7月4日 8時0分

主人公・曇天火(くもう・てんか)役の福士蒼汰/(C)唐々煙/マッグガーデン

累計120万部を誇る唐々煙の大ヒットコミックシリーズ「曇天に笑う」が、'17年に実写映画化されることが決定。主演に映画やドラマに引っ張りだこの若手人気俳優・福士蒼汰を迎え、監督を名匠・本広克行が務める。

同作は、'11年のコミック連載開始からその魅力的なキャラクターたちに10代、20代の女子を中心に熱狂的なファンが付き、'14年にアニメ化、そして'15年からは舞台化と、さまざまなメディアで人気を博す大ヒットシリーズ。

満を持して映画化される本作で、主演を務める福士はバスケットやダブルダッチを得意とし、高い身体能力を誇るイケメン俳優だ。本作で時代劇映画に初主演し、体当たりのアクションシーンに挑む。

そしてメガホンを取るのは、おなじみ「踊る大捜査線」シリーズをはじめ日本映画界きってのヒットメーカーの本広監督。2人が初めてタッグを組み、圧倒的なアクションエンターテインメント作が誕生する。

物語の舞台は、明治維新後の滋賀・大津。300年に一度よみがえり、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇(オロチ)の復活の年、その力を阻止するために立ち上がった曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)は、それぞれ違った方法で大蛇の力を再び封印し、日本に平和をもたらそうとしていた。

しかしその力を手に入れ、明治政府を転覆させるため動き出した最強の忍者集団・風魔一族の暗躍により、曇天三兄弟の行く手は阻まれてしまう。曇天三兄弟VS犲VS風魔一族という、三つどもえの戦いが始まる。

天火、空丸、宙太郎の曇天三兄弟、そして犲のリーダー・安倍蒼世や犲隊員たち、抜け忍で曇家の居候・金城白子、風魔一族の長・風魔小太郎…と、強く美しく戦う男たちが多数登場し、キャラクターの魅力あふれた派手なアクションが繰り出される。そして笑いも満載、感動もあり…と、空前絶後のエンターテインメント大作と言ってもおかしくはない映画が生まれる。

撮影は6月下旬にクランクインし、舞台となる滋賀を始めとしたロケーションを経て'17年春に完成、'17年中に全国公開の予定となっている。

主演の福士は、本広監督とのタッグについて「本広監督作品はとてもキャラクターたちが格好良く描かれていて、かつリアリティーにあふれていると思います。今回も『曇天に笑う』の各キャラクターをクールに、そして温かく作っていただけると信じているので、僕も監督の力をお借りして、曇天火を精いっぱい演じていきたいです」と、力強く語った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング