刑事役の瀧本美織、アクションシーンは自ら志願?

ザテレビジョン / 2016年11月2日 6時0分

10月16日に25歳の誕生日を迎えた瀧本美織。“北町君”の絵には玉木が書いた落書きが・・・

フジテレビ系で放送中の玉木宏主演ドラマ「キャリア~掟破りの警察署長~」(毎週日曜夜9:00-9:54)に出演している瀧本美織にインタビューを敢行。

同作は、警察署長・遠山金志郎(玉木)が、エリートでありながらひょうひょうとした性格で、気になることがあると自ら街に出て事件を解決していく物語。

瀧本は、ノンキャリアの新人刑事・相川実里役を演じる。実里は周りの刑事たちに一人前と見てもらえず雑用ばかりを押し付けられ、早く認められたいともがいていた。そんな中、副署長の半田(柳沢慎吾)や南(高嶋政宏)から金志郎の面倒を見るよう命令され、嫌々ながら金志郎のバディとなり、次第に金志郎に影響を受け成長していく。

そんな実里の人物像や共演する玉木らとのエピソードを聞いた。

――10月16日に25歳の誕生日を迎えられたばかりということで、おめでとうございます!

ありがとうございます! 「25歳になるとは! 早いな~」とびっくりしていますけど、玉木さんや刑事課の皆さんに、北町署のイメージキャラクター“北町君”のイラスト付きのケーキを頂いて、その“北町君”に玉木さんが私のホクロを書いたり、寝癖を書いたりと、いたずらっ子な一面もあったり、本当にみんな仲が良くて、幸せな現場です。

――さらに、誕生日当日に鳥取県の魅力をPRする「ふるさと大使」にも就任されましたね。

そうです。その日に鳥取に帰って、任命式に出席してきました。

慌ただしかったんですけど、お仕事を絡めて地元に帰れたのはご縁を感じましたし、自分の誕生日といううれしい日に就任というのは感慨深かったです。

――「ふるさと大使」に就任されての抱負はありますか?

小さい頃からお仕事をしていて、鳥取と東京を行ったり来たりずっと繰り返していました。故郷なので思い出がたくさんある場所ですし、“家族がいる場所”っていうのが自分にとって一番大きいと思います。これから恩返ししていけたらいいなと思います。

――クランクインから今までで、現場の雰囲気は変化しましたか?

最初から良い雰囲気ではあったと思うんですけど、さらに私のイジられ具合が増してきました(笑)。男の子みたいに扱ってくださって、玉木さんがすごくいたずらっ子なんです!

私が普通に歩いてたら、私の足の下に足をパッと入れてきて、「おっとっと!」みたいになったり(笑)。衣装を着替えてたら、靴下を上から投げ入れてきたりと楽しい現場です。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング