9nine、「X-MEN」スタン・リー最新作の劇中歌を担当 アニメにも出演

ザテレビジョン / 2016年10月30日 6時0分

9nineが劇中歌を担当する「ザ・リフレクション」/(C)Stan Lee・Hiroshi Nagahama/THE REFLECTION

9nineが、日本時間10月29日に、米・ロサンゼルスで行われた「STAN LEE'S L.A.COMIC CON2016」にて、アメコミ界の巨匠、スタン・リーの最新作「ザ・リフレクション」の制作発表会に登壇。9nineが、同作品の劇中歌を歌うこと、さらに、メンバーがアニメキャラクターとして作品に出演することが発表された。

「ザ・リフレクション」は、「X-MEN」や「スパイダーマン」、「アベンジャーズ」など数々の有名作品の原作・原案者として有名なスタン・リーと、「蟲師」や「惡の華」等を手掛けた日本を代表するアニメ監督・長濱博史が、強力タッグを組み制作する完全オリジナルヒーローアニメ。全世界に光が降り注ぐ大災害が発生した後、光線に貫かれ、人ならざる力が備わった「リフレクテッド」と呼ばれる能力者たちの善と悪の戦いを描く。

また、本作の劇中歌をプロデュースをするのは、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「リラックス」などを手がけた音楽プロデューサーのトレヴァー・ホーン。9nineの起用は、監督の長濱がメンバーの佐武宇綺と番組で共演したきっかけでライブを鑑賞。そこで9nineのパフォーマンスに圧倒されたのがきっかけという。佐武は「トレヴァーさんに日本人で初めてプロデュースして頂けることが、今でも本当に信じられないくらい夢の様です。涙が溢れましたね…こればかりは…音楽という神様がくれたこのチャンスを絶対に無駄に出来ないと心に誓いました。日本人として誇りを持って、今回頂く楽曲を世界のたくさんの人に届けていける様に精一杯歌います!」と喜びを爆発させる。

本作は、2017年に世界同時配信予定。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング