甲子園球児が中年女性グループ「〇〇会」に肉体を狙われまくっている現状とは!? 「1度寝るだけ、何か文句ある?」警備も厳重に…!

TOCANA / 2019年8月23日 8時0分

 ただ、各チームにとって、その寄付がかなりありがたい存在であるのもたしかだ。なにしろ高校野球では甲子園出場が決まると学校側が費用集めに忙殺される。野球部関係者のみならず、一般生徒、 教員、保護者、後援者ら応援団の交通費、滞在費、食費、チケット代など多額の費用を調達しなくてはならず、連盟からは1校20名程度の旅費と1日4千円の滞在費などが補助されるが、 それで足りるわけもなく、応援のための用具や楽器などの費用も必要で、ある地方の公立校では3回戦まで進んだ費用が1億円を超えたという話だった。

 昨年の準優勝で話題になった秋田県立金足農業も、遠征費が5千万円も不足して全国的に寄付を募ったことがニュー スとなったほど。そんな事情から、寄付をする者が問題ある追っかけであっても許容せざるを得ないのかもしれない。

 ただ、あくまで目的がナンパとなれば選手の身が危ない。ある高校の後援者から聞いた話では、「〇〇〇〇会」のような選手ナンパ目的のグループが、若い選手たちと援助交際のようなことをしていたことが過去にもあったという。

「表になれば大事になるので関係者はみんな慌てたんですが、女性たちは一夜、二夜の短期の関係で去っていて、そのまま伏せられました。そのときの女性グループのメンバーはみんな裕福なタイプの 既婚者。ひとりは聞き取り調査に応じて『 騒いで困るのはあの子(選手)の方やん』 と開き直っていたんです。『性欲に困ってる男の子と一晩、 寝たからって何が困るの?』とか『こっちは精神年齢の低いガキと付き合う気ない。1度寝るだけ、何か文句ある?』とか、 かなり強気で…」

 女性たちがなぜ遊び相手に高校球児を選ぶのかはサッパリ理解しがたいが、問題は前述のように発覚しても表沙汰にしにくい学校側、 選手側の弱みがあることだ。ある高校チームを応援するネット上の 掲示板でも女性の追っかけ集団を問題とする書き込みがあり、「ひとりで7人もの選手と関係した女性がいた」という話もあったのだが、発覚を恐れてか、すぐに一斉削除されていた。

 甲子園開催中は全国の注目を集める高校球児たちも、一部のヒーロ ーを除き、大半は大会後にノーマークになる。連絡先をバラまいた 女性たちが選手らを弄ぶのはその頃で、甲子園の警備が現場でいく ら気をつけても無意味のようだ。未成年への性犯罪のはずが、いまだ警察が出動する騒ぎにはなっていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング