原発事故の“本当の恐怖”を描きすぎたドラマ『チェルノブイリ』のヤバさを徹底解説! 金髪ロン毛の天才物理学者と清水あいり対談!

TOCANA / 2019年9月24日 14時0分

写真

「人類史上最悪の事故」とも評されるチェルノブイリ原子力発電所事故。1986年4月、旧ソ連ウクライナ共和国の北辺に位置する原発で起きた悪夢のような現実だ。当事国はおろか全人類にとって“負の歴史”として深く刻み込まれ、今なお多くの苦しみをもたらし続けている。あまりにも重い宿命を、人類はなぜ、どのようにして背負うことになったのか? 未曾有の事故をリアルに再現した衝撃の実録ドラマ『チェルノブイリ』が、Amazon Prime Videoの「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS」で9月26日(木)より配信スタート(※第1話は9月26日~10月5日の間、プライム登録不要で“全編特別無料公開”)、また9月25日(水)よりBS10スターチャンネルにて独占日本初放送(※25日の第1話は“無料放送”)される。

 製作はあの『ゲーム・オブ・スローンズ』のHBO、監督は『ウォーキング・デッド』『ブレイキング・バッド』を手掛けたヨハン・レンクという最高の布陣が、綿密な取材に基づいて緊迫の一部始終を描き上げた本作。米国のレビューで軒並み過去最高得点という驚異的評価を叩き出し、名実ともに海外ドラマ史上最高傑作にして最大の問題作として話題沸騰中だ。超リアルな描写に対する驚嘆、緻密に練られた構成を称賛する声とともに、被曝被害の描写をめぐり世界各地で激論紛糾、とにかく本作は(同じく原発事故を経験した私たちは尚更)「誰かと語りたくなる」ドラマなのだ。

 そして今回、いよいよ間近に迫った配信と初回放送を前に、一足先に全話“体験”したという有名人2名がトカナでの公開談義に名乗りを上げてくれた。

 海外ドラマ大好き、今を輝く大人気グラビアアイドルの清水あいりちゃんと、金髪ロン毛の天才物理学者、「高エネルギー加速器研究機構(KEK)」准教授の多田将先生という高濃度すぎる個性の融合があぶり出す『チェルノブイリ』の圧倒的ヤバさとは――!?

※その他の画像はコチラ→ https://tocana.jp/2019/09/post_115003_entry.html

■ニオイまで伝わってきそうなリアル

清水あいり(以下、清水)  『チェルノブイリ』、とにかく凄かったですね……! 実は最後まで見ることができるか不安だったけど、1話目からぐんぐん引き込まれて主人公のレガソフ博士にもどんどん感情移入しちゃって……もう止まらなかったです。先生はいかがでしたか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング