三田佳子次男・高橋祐也絡みで身を隠した「超大人気AV女優X」とは!? 地下室の麻薬パーティで…

TOCANA / 2019年12月14日 8時30分

写真

「麻薬事件だけなら病気とも言えるわけだけどさ、アイツは私生活がどうしようもないよ。金と女にだらしない。麻薬の問題よりもね、人に迷惑かけずに自分の力で生活していく力がないから、問題を 起こし続ける」

 かつて、女優・三田佳子の次男、高橋祐也が芸能界入りを試みた際、支援をしたことがある演劇関係者の話だ。高橋とは共通の知人女性Xがいるが、なんとその女性はいまマスコミから逃げるために身を隠しているのだという。

「Xは一部の週刊誌記者とかに、高橋との男女関係を疑われていてね。ここぞとばかりに連絡が殺到して、慌てて僕のところに来たんだけど、いまは別のところで隠れているよ」

 高橋絡みでマスコミが殺到したのは、10月17日に高橋が脅迫容疑で警視庁渋谷署に逮捕されたからだ。今月上旬、内縁の妻で元乃木坂46の大和里菜に対し、LINEで「おまえの父親を殺してやりたい」などとメッセージを何度も送った疑いだ。

 渋谷署によると、大和は高橋との間に産んだ子と一緒に9月下旬から実家に帰省していたが、大和の親が高橋のもとに娘を戻さない姿勢を見せていたことで、高橋が激高したという。身の危険を感じた大和と父親が署に相談したものだが、高橋は「メッセージは送ったが、脅してはいない」と容疑を否認している。

 高橋といえば、地下室と、大金を与えられた三田の超過保護な子育ての結果、麻薬事件を繰り返す男になってしまったとして有名だ。高校生だった98年に最初の覚せい剤取締法違反で逮捕。これは保護観察処分になったが、00年に自宅の地下室で麻薬パーティーを行なって再逮捕。

 懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を受けた後、演出家の唐十郎のもとで俳優デビューしたが、鳴かず飛ばず。07年にコンビニのトイレで覚せい剤を吸引して現行犯逮捕、このときも三田が月70万円の小遣いを渡していたことが伝えられていた。懲役1年半の実刑判決を受け、釈放後の10年、一般女性と結婚し、第一子をもうけていたが、昨年に4度目の覚せい剤取締法違反で逮捕。やはり母親の援助で月200万円を使っていたとも報じられたが、このときは懲役2年半、執行猶予5年の判決を受けていたから、今回は執行猶予中の事件になる。


 その妻とは離婚協議を続けていたらしいが、それ以前から交際していたのが大和だ。

「交際は4度目の逮捕より前、17年ごろから」と話したのは過去 、高橋を直撃したことのある芸能記者。

「大和がDV被害などで警察を呼んだり別れる別れないの騒ぎを起こしたんですが、まさかの妊娠で復縁。もっとも彼女も未成年時代に飲酒疑惑など素行不良でグループを辞め、高橋と付き合う頃には事務所も辞めてしまっていたんですが」(芸能記者)

 39歳になっても相変わらず警察と縁の切れない高橋はいまだ定職に就かず、見た目にも冴えないように見えるが、女性にモテていたのは理由があるという。

「彼はよくパーティーを開いて、参加した女性に交通費と言って、ひとり3万円とか5万円をバラまくそうです。売れないアイドルとかは当然、これを良いバイトにしていて、大和もそのひとり。でも、中には金払いの良い高橋と本気で付き合っちゃうコもいるってことでしょう」(同)

 実は、冒頭に触れた演劇関係者の知人女性Xというのも、そのひとりだったと見られている。90年代にAV女優としてデビューして大人気になったバスト100を軽く超える巨乳美女。近年は風俗店に勤務していたようだが、奇しくも少し前、高橋が出入りしていた都内のバーにいる様子が伝えられたこともあった。

「2人が付き合っていたようだとは耳にしていたけど、詳しいことは僕には分からない。ただ、俺と会ったとき、彼女は高橋との接点を詳しく聞かれるのは本当にイヤそうだった」(演劇関係者)

 少し前に、高橋はSNSで自分のことを「前科三犯前歴一犯の依存症のデブのハゲた金もない施設にいる糖尿病おやじ」などと自虐的に書いていたが、それでも寄り付く人は絶えないのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング