フジモン収録外で「顔面蒼白。誰もイジれない」木下優樹菜は”謹慎中”も子供を預けて30代ラッパーと不倫か

TOCANA / 2020年7月31日 7時0分

写真

 地獄の日々だったようだ。

 タピオカ店騒動で大炎上した挙句、芸能界を引退した元タレントの木下優樹菜。当初は復帰予定だったが、活動自粛中に所属事務所も関知しない新たな不倫疑惑が判明したことで、事実上の〝追放〟となった。

 その尻ぬぐいをしているのが、昨年末に離婚した前夫の「FUJIWARA」藤本敏史だ。木下が引退を発表した今月6日には、吉本興業のニュースサイト「ラフ&ピースニュースマガジン」を通じて「マスコミのみなさまにお願いです。彼女は、本日を以て、芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活の為にも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします」と呼びかけた。18日に放送された読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」でも「こんな状況に子供を追い込んでいる状態が心、痛すぎて…」と涙ぐみながら語った。

「藤本さんの心労は半端ではありません。芸人なのでテレビカメラが回っている間は気丈にふるまっていますが、本番が終わると、どんよりして顔面蒼白。周囲もイジるにイジれない。相方の原西孝幸もバラエティー番組で『(楽屋の顔は)ヤバイ』と証言していたほどです」とはお笑い関係者。

 28日放送のTBS系「この差って何ですか?」でもそうだった。MCの加藤浩次から「大変だったなあ」とねぎらわれた藤本は「大変でした。もうね…何が何やらさっぱり分からない。頭下げても何に対して謝ってるのか分からない」と告白。「だれが不祥事を起こしても僕が全部謝ります!」と笑いに変えたが、芸人仲間の土田晃之は「いろいろ聞きましたけど。本当に大変だなって思ってます。バラエティーであんなに頑張ってる姿を見てると…先輩だけど泣けてきます」と述べるしかなかった。

 木下をめぐる不倫疑惑は年明けにサッカー元日本代表・乾貴士との関係が噂されたが、それ以外にも「30代ラッパー」が直近の本命として浮上している。前出関係者は「乾さんにしても30代ラッパーにしても、藤本さんは一切知らなかった。元妻とはいえ、報道で不倫疑惑を知るのは耐え難い屈辱でしょう」と推察する。

 6月には一部女性誌が車で帰宅する木下を直撃。マスク姿の木下は記者の突然の来訪に「え、何? すげー撮られたんだけど…」と驚いた表情を見せた。

 舞台裏を知る関係者によると「女性誌はたまたま彼女を見かけたわけではなく、1週間以上、彼女の行動を観察・分析していた。結果、自粛期間中も頻繁に外出していたことがわかり『おかしい』となったそうだ。30代ラッパーの家と自宅を車で往復していた可能性もある」という。

 直撃の際、車の助手席や後部座席に子供が乗っていた形跡はなかったという。

「当時は藤本さんと離婚が成立し、30代ラッパーとの再婚に向け猪突猛進だった時期。2人の子供は藤本さんと彼女の母親が主に面倒をみていたそうです」(事情通)

 藤本は前出「よしもと――」で涙ながらに訴えたあと「子供がいてなかったら僕も正直、知らんよってなると思うんですけど」という言葉も残している。言葉尻は穏やかでも、内心は好き勝手遊ぶ元妻に怒り心頭だったのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング