三浦春馬さん「鬱状態になった」…衝撃的な遺書が話題になった有名人たち!

TOCANA / 2020年8月1日 7時0分

写真

 7月18日、三浦春馬さん(享年30)が自宅で亡くなっているのが見つかった。三浦さんが残した遺書とも取れるメモ書きの内容の一部が明らかになった。

 30日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、メモ書きには「死にたい」など死について延々と綴られていたという。2018年のイギリス留学の前後から自身の生き方に疑問を持ち始めたそうで、「僕の人間性を全否定するような出来事があり、たちまち鬱状態に陥り、自暴自棄になった」「当時は鬱状態から抜けられなかった。どう死のうかと考えていた」などの書き込みもあった。死への願望を周りに悟られないよう嘘の笑顔を振りまいており、「毎日ウソをつき続ける苦痛」についても記されてあったそうだ。

 三浦さんのように、公開された遺書が世間を驚かせた芸能人は他にもいる。

■ET-KINGのTENNさん

2014年、人気ヒップホップグループのTENNさん(享年35)が、自家用車の中で首を吊って命を絶った。発見したのは、妻で元SPEEDの上原多香子だった。後に公開された上原にむけた遺書には、上原と俳優の阿部力との不倫についても記されており、当時世間を騒がせている。「子供ができない体でごめんね」などの胸が痛くなるような謝罪や、「嘘はついたらあかんよ」「お酒は少し控えないとあかんよ」と上原に向けてお願いのようなメッセージも記されていた。また、不倫相手の阿部は、2009年に中国人の女優と結婚しており、上原と阿部はW不倫の関係にあった。

■SHINeeのジョンヒョンさん

 韓流アイドルグループSHINeeのジョンヒョンさん(享年27)は、2017年12月に韓国ソウルのホテルで練炭自殺したと見られている。後に、ロックバンド・Dear Cloudのナインが、Instagramを通してジョンヒョンの遺書を公開している。「終わるという言葉は簡単だ。でも終わるのは難しい。それが難しくて今まで生きてきた」「世の中とぶつかるのは僕の役割じゃなかったみたい。世の中に知られるのは僕の人生じゃなかったみたい」「ただ、お疲れ様と言ってほしい。これまでよくやったと、ご苦労様と言ってほしい。笑うことはできなくても、責めたままで送り出さないで欲しい。お疲れ様。本当にお疲れ様。さようなら」など悩み、知人やファンへのメッセージが書き綴ってあった。なお、ナインは自身のInstagramで、ジョンヒョン本人の願いを受けた上で公開に踏み切ったと語っている。

■苺みるくさん

 AV女優の苺みるくさん(享年31)は、2012年に東京中野区の自宅で自ら命を絶った。以前から数度に渡って自殺を試みたとされており、2005年には、睡眠薬を大量に飲み、剃刀でリストカットをしていた。2005年当時の遺書には、「すべてYさんのせいです」とソフトバンクホークスの人気投手の名前が書かれており、世間を驚かせた。また、手首を切ったのは「FLASH」(光文社)のインタビュー当日だったそうで、記事には生々しい手首の傷痕の写真が掲載された。苺は、Yにホテルに呼びだれたことや冷たい態度を取られたことなどを告白していたが、Yは「ホテルには泊まっていない」と否定している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング