キスマイ北山「ロリコン・性病説」よりマシだった!? 内田理央との交際が炎上しないヤバイ事情とは?

TOCANA / 2020年9月1日 8時0分

写真

「24時間テレビ」でV6の井ノ原快彦らとともにパーソナリティーを務めたKis-My-Ft2の北山宏光に、女優の内田理央との交際が報じられた。週刊文春によると、「交際がスタートしたのは、新型コロナ感染が少しずつ拡大していっている最中」で、「2人はもっぱら北山の自宅で逢瀬を重ねている」としてステイホーム愛と伝えられたものだ。

 ジャニーズの若手グループでは、King&Princeに次ぐといわれる人気のキスマイとあって、さぞ女性ファンからの悲鳴が上がるかと思いきや、意外にもネット上は好意的評価も多数、見られるのだ。SNSではファンのひとりが「みんな結構ウェルカムで取り残されてて寂しい」と愚痴るほどの状況で、「お似合いすぎ」、「めっちゃ和む」、「寂しいけど本気の恋愛っぽくて嬉しい」などの声が散見できた。もちろん、ヒステリックに内田バッシングに走る「やらかし」連中もいるが、「ショックはあるけど内田理央ちゃん可愛いからまあいいか」という声が多々見られるのは、ジャニーズアイドルのゴシップの中では異質だろう。

 実はそこに「理由がある」と、05年のグループ結成時から応援する古参ファン女性が語る。

「最近のファンは知らないでしょうけど、昔から彼にはひどいウワサばかりあったんですよ。06年12月にネットで書き込まれたのは『埼玉の病院に性病の治療に来ていた』っていう根も葉もないひどい中傷で、その頃に交際のウワサがあったのが元モーニング娘。の紺野あさ美で、宏光クンがナンパしたって話でした。07年には巨乳グラドルたちとの合コン、10年には中学生との交際でロリコン説(デマ)、12年には黒木メイサとのベッド写真が流出したってものもありました。さらに15年、ネットで『俺の女を北山宏光に取られた』って書いていた人がいたり、だから私たちファンの間では、本当は誠実な人なのに、チャラ男のウワサばかり出されてかわいそうな彼というのがあったんです。だから本当のちゃんとした恋愛がやっとあって良かったというのがあるんですよ」

 つまりは過去、聞こえたウワサがどれも信憑性の低すぎる話ばかりだったために、もしも出てきたゴシップがゲスな話だった場合、過去のウワサも肯定されそうだという不安があったというのである。

 文春の報道では7月23日、北山の帰宅から1時間後にドン・キホーテの買い物袋を両手に持った内田が訪れ、翌日の午後まで滞在。8月10日の深夜3時前にも、内田が北山の住むマンションから出てタクシーに乗っていったとしている。内田といえば18年出演のドラマ「おっさんずラブ」が好評だった人気女優だが、過去「カレーと牛丼ばかり食べている」と庶民的な話をしていたことが好感を呼んでおり、今回ドンキの袋を持って彼氏宅に訪問というのは、まさに本当に庶民的キャラだったと感じさせ、ちゃんと自粛デートをしていたのも好感が持てる。それで女性関係に何かとうるさいジャニーズ事務所も今回は黙認姿勢なのか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング