板野友美がヤクルトの選手との入籍を報告!元“神セブン”の結婚まとめ!

TOCANA / 2021年1月7日 7時0分

写真

 5日、元AKB48でタレントの板野友美がインスタグラムで結婚を報告。お相手は、東京ヤクルトスワローズの高橋奎二投手だ。

 板野のInstagramによると、2人の出会いは「共通の知人を通じて」だそう。ツーショット写真をアップし、「彼の少年のような無邪気で素直な人柄や、いつも飾らず、直球で伝えてくれるところ、どんな時も真剣に向き合ってくれる姿」と結婚の決め手や高橋投手の人柄について綴った。また、コロナウイルスの感染拡大にも触れ、「世の中が不安にさいなまれている中、このような発表をするか迷いましたが、大切な皆様にはきちんとご報告したく、本日このような形でお伝えさせていただきました」と不安の中での報告だったことを明かしている。

 このInstagramの投稿に、同じAKB48として活動していた高橋みなみ、大島優子、小嶋陽菜、高城亜樹らが「おめでとー!』などとコメント。Twitterで指原莉乃は、「ついこの前までアンガールズ田中さんを紹介しようと(勝手に)小嶋さんと話していたのですが…ともちんさん、おめでとうございます!」と驚いた様子だった。また、北原里英は「夢にともちんが出てきて、珍しいな~なんて思いながら…」と不思議な偶然を明かした。

 高橋奎二は、高校卒業後プロ入りした23歳の入団5年目。ローテーション定着を目指すヤクルト期待の若手左腕投手だ。今年は、年俸250万減の1450万円でサインしたと見られている。

 かつてAKB48で“神セブン”として絶大な人気を誇った板野友美。他の神セブンの結婚事情はどうなっているのだろうか?


■前田敦子

 元AKB48不動のセンターで現在も女優として活動の幅を広げる前田敦子は、2018年7月に俳優の勝地涼と結婚。翌年の3月に第一子を出産するも、間も無く別居報道が飛び交った。さらに翌年にも前田が路上で勝地に激怒している写真がスクープされるなど良い噂はほとんどないが、現在も離婚には至っていない。もしかすると2人は、新しい夫婦の形を体現しているのかもしれない。

■高橋みなみ

 メンバーでありながらAKB48グループの初代総監督を兼任した高橋みなみは、2019年5月に15歳年上の一般男性との結婚を報告した。以前から熱愛が噂され本人も半ば認めていたことや、アイドル時代に目立ったスキャンダルがなかったこともあり、ファンからは暖かく受け入れられていた。また、子供好きの高橋だが、今のところ妊娠・出産の報告はない。


■篠田麻里子

 2019年2月、“まりこ様”の愛称で親しまれた篠田麻里子が、3歳年下の一般男性との結婚を発表。初めて2人で食事した際にお相手の男性がプロポーズをした“交際0日婚”が話題を呼んだ。後に篠田は、相手の「付き合ってください」が聞きとれずに聞き返したら、男性が「付き合ってくださいじゃダメだ」と勘違いし、そのままプロポーズに至ったという経緯を明かしている。

 神セブンの中で結婚したのは板野友美で4人目。小嶋陽菜はたびたび報道されるが、熱愛止まり。大島優子も、噂こそ多いが本格的な交際報道はまだない。「アイドルのプロ」と呼ばれた渡辺麻友は、今年の6月に芸能界を引退し、その後の消息は明らかにされていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング