キンコン西野が吉本退社 中居正広、米倉涼子、栗山千明ら大物タレントの退所ラッシュの理由は?

TOCANA / 2021年2月2日 8時0分

写真

 映画「えんとつ町のプペル」やオンラインサロンなど、今何かと話題のキングコング・西野亮廣が、所属する吉本興業を退社した。様々な大物タレントの退所が相次ぐが、その理由は一体なんなのだろうか。

 西野は27日、Twitterで「退社する可能性も含めて、吉本興業と慎重に話し合いを進めています。 くれぐれも『トラブルが原因』とかじゃないっす!」と退所の意向をほのめかした。その3時間後には、「とりあえず吉本興業には『今の形を改めないと辞めます』という話をさせていただきました」「オラオラした感じでは言ってなくて、『この状態だとお互い得をしないよね』という、ものすごく落ち着いた話し合いです」と報告したが、退社が決定した。

 現在西野は、映画制作、オンラインサロン、Youtubeなど、吉本興業から割り振られる仕事以外での活躍が目立っている。ネット上では、「確かに吉本にいる意味なさそう」「西野さんが自分で取ってきた仕事も吉本に何割か取られてるのかな?」「まだ吉本だったことに驚いた」「逆にお互いが得をする関係ってなんだろう?」「サロンも吉本芸人だからギリギリ成立してる気もする」「漫才は?しなくなるのはどうなんだろ」など様々な意見が上がっている。

 昨年末、キングコングの後輩にあたるオリエンタルラジオが吉本興業の退所を発表して世間を騒がせた。これについて中田敦彦は、「テレビや劇場の仕事が減り、事務所との接点が少なくなっていったため」と説明。藤森慎吾も、「悩みに悩んだんですけど、最終的には相方と一緒にいた方が楽しいだろうなと思って」と語っている。他にも意外なところでは、ハリセンボン・近藤春菜や天竺鼠・川原克己らが、事務所と対等な関係性のエージェント契約に移行している。

 吉本興業だけではなく、最近では他の大手事務所から離れるタレントが目立つ。中居正広、米倉涼子、柴咲コウ、江頭2:50、山下智久、栗山千明、岡田結実、手越祐也、前田敦子、剛力彩芽、長谷川潤、ローラ、神田うの、上坂すみれなど、様々なタレントが事務所から独立を発表している。

 昨今の退所ラッシュは、SNSやYoutubeチャンネルなどタレント個人の価値が明確になり、所属事務所とのパワーバランスが崩れたことが大きな理由と見られている。かつての芸能界では、事務所を辞めると“干される”などという話をよく聞いた。しかし、ファンとの直接的な繋がりが強い現代では、大手の事務所でもその活躍を制限することは難しいのかもしれない。また、中居正広や米倉涼子のように、テレビ業界でもしっかりとした立ち位置を持つタレントは、事務所を退所しても仕事量が減らないことも証明された。

「得がないから」という理由で事務所を退所するタレントたち。とはいえ、芸能事務所がタレントを育てるために売れる前から投資しているのは事実だ。十分に恩返しをした者ならば道理も通るが、簡単に出ていかれると事務所としてもたまったものではないだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング