アンジャ渡部が豊洲で禊バイトに「俺たちの仕事は罰ゲームだったのか」の声! 酒井法子、ベッキーら禊で話題になった人々

TOCANA / 2021年2月24日 7時0分

写真

 不倫騒動で活動自粛中のアンジャッシュ・渡部健が東京・豊洲市場でアルバイトをしていると「スポニチ」(スポーツニッポン新聞社)が報じた。しかし、一部からは反感の声が上がっている。

 記事によると、渡部がアルバイトを始めたのは今年の年明けから。深夜から朝方までの激務で、時には午後まで残業することもあるそう。渡部がアルバイトを始めたのは、妻で女優の佐々木希の提言がきっかけだったという。ネット上では「ちょっと見直した」「普段食べてるもののありがたさを知っただろうね」「さすがは佐々木希。良い奥さんだ」など応援する声が上がっている。しかし、一方で批判的な声も少なくない。「不倫はどうでもいいけど、市場の人に失礼じゃない?」「俺たちの仕事は罰ゲームだった」「この思考の方が不倫より問題だと思う」「なんかやる気なくすわ」など反感を買っている。

 渡部だけではなく、不祥事の禊として労働を選んだ芸能人は少なくない。しかし、禊先として選ばれた職種の人からすると、黙っていられない問題のようだ。


■酒井法子


 2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕されたタレントの酒井法子は、有罪判決を受けた後まるで禊のように介護を勉強すると表明。しかし、すぐに芸能活動を再開し、介護の話は立ち消えとなった。当初は美談として持ち上げられていたが、「介護を利用するな!」「口だけ!介護士に失礼!」と批判の声が飛んだ。

■ベッキー


 2016年1月にゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫で世間を騒がせたベッキーは、農業を禊にして反感を買った。活動自粛後、数ヶ月ぶりに出演したテレビ番組は、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」だ。中居との対談という形でベッキーは涙ながらに心境を語ったのだが、そのあとが良くなかった。番組の人気企画「ひとり農業」に参加したベッキーは、改めて畑で謝罪。するとネット上では、「農業したら許されると思ってない?」「農家を出汁にするな!」と厳しい声が上がっている。


■ロンドンブーツ1号2号・田村亮


 吉本興業の闇営業問題で謹慎となったロンドンブーツ1号2号・田村亮も介護に携わっている。と言っても直接的な労働ではなく、お年寄りを狙った詐欺防止のための啓蒙活動だ。相方の田村淳は、この活動について「亮が実際に詐欺を働いたわけではないですが、間接的とはいえ、詐欺の被害者の方のお金を受け取っているわけですから、亮はそこに関して負い目があるんだと思います」と説明している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング