芸能、地震、災害、事故、スポーツ...予言者・松原照子氏が2013年に的中させた予言ランキングTOP10!

tocana / 2014年1月10日 16時0分

写真

 今回は、今や日本有数の予言者となった松原照子氏が、2013年に的中させた予言を筆者の独自の判断により、ランキング形式で検証していくことにしたい。

※以下のすべての世見(松原氏は自信の予言をこう呼ぶ)は、松原氏のブログ「幸福への近道」から引用。

【10位】2013/06/28「サッカーの本田さんの顔が厳しくなったのが見えたりして何かが変わるのかなぁ!」

→サッカー日本代表の本田圭佑選手は、2013年12月に、在籍していたクラブ・CSKAモスクワとの契約が切れ、イタリアのACミランへの移籍話が出ていたが、7月頃に金銭的な理由などで破談になった。この契約話がこじれたために「顔が厳しくなった」と見えたのだろうか。その後、同チームへの移籍が正式に決まり、恐らく笑顔に戻ったことだろう。


【9位】2013/10/29 「いつの日か鹿島から千葉・横須賀・石廊崎の一本線は動き始めることでしょう」

→11月16日20:44頃に、千葉県北西部でM5.4の地震が発生。震源はちょうど上記の線上付近の千葉市あたりだった。もっとも、このくらいの地震を世見するとは思われず、今後もこの線上で繰り返し地震が起きるということだろうと推測する。


【8位】 2013/01/08 「踏切には十分気を付けてください」「脱線事故は嫌だけど書かなくてはと思ってしまいました」

→2月12日に、兵庫県高砂市の山陽電鉄の踏切で、特急列車とトラックが衝突し、1・2両目が脱線。駅のホームに追突した。また、4月7日には神奈川県茅ヶ崎市の東海道本線茅ヶ崎駅~平塚駅間の踏切で、立ち往生した軽自動車と普通電車が衝突し、先頭車両が脱線する事故が起きている。「踏切」+「脱線」の条件が両方揃う事故は、そう頻繁にあるわけではなく、平均すると1年に1度以上も起きていないようだ。それがこの年は2回も起きているので、特別に気になったのだろうか。


【7位】2013/07/01 「今年花火大会は少しガッカリする地域が出てくるかもしれません。『雨天中止』が見えてしまいました」

→去年はゲリラ豪雨の影響で、多くの花火大会が中止・延期となる事態が相次いだ。7月27日の隅田川花火大会は、大雨・洪水警報が発令され、開催途中で荒天により中止となった。この都内最大規模の花火大会はTV放映や巨大ビジネス絡みで滅多なことでは中止にできない事情があり、これだけでも世見する価値が十分あったかもしれない。そのほかにも、同日の東京都立川市の「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」、7月23日の「葛飾納涼花火大会」、8/15の全国打上数第1位の「諏訪湖祭湖上花火大会」なども、荒天により中止になった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング