大災害は起きるか?  科学者・教授・予言者たちの「2014年の予言・予測総まとめ」 W杯の結果も!?

tocana / 2014年1月13日 9時30分

写真

 今回は、2014年あるいはそれ以降に起きるとされる自然災害など、的中したら世界や日本が「大変なこと」になるという予言や予測を中心に紹介する。

 まずは、大地震や火山噴火を予測し、発表している科学者から。

【識者たちの、2014年の予測】


■村井俊治・東大名誉教授...2014年3月に南海トラフ地震

 過去記事でも紹介した東大名誉教授で測量学の権威・村井俊治(しゅんじ)氏は、電子基準点を利用した独自の地震予測方法により、75%の的中率を誇る地震予測が可能だとしている。2014年は、3月までに南海トラフ地震が発生すると予測。


■アレクセイ・リュブシン・ロシアの理学研究博士・・・2014年春までにM9クラスの地震

 ロシア・シュミット記念地球物理学研究所のアレクセイ・リュブシン氏は、日本の独立法人防災科学技術研究所が公開している低周波微動データを利用し、2014年春までに南海トラフでM9クラスの大地震が発生すると予測している。なお、リュブシン氏は同データにより、3.11も予測していたという。村井氏とリュブシン氏は、異なるデータを用いているにもかかわらず、同時期(今年春まで)に南海トラフ地震が発生すると予測しているのが不気味ではある。


■濱嶌良吉・元前橋工科大教授・・・2015年春までに富士山噴火、首都直下地震

 地殻活動の専門家で元前橋工科大学教授の濱嶌(はまじま)良吉氏は、独自の研究により、2015年春までに箱根山と富士山の噴火、及び首都直下地震が発生すると予測している。


■木村政昭・琉球大名誉教授・・・2016年までに富士山噴火

 3.11や阪神淡路大震災など数多くの地震・火山噴火を予測・的中してきたことで知られる琉球大名誉教授・木村政昭氏は、「伊豆小笠原スーパー巨大地震(M8.5)」が起きる時期を、2012±3年(2015年まで)と予測。また、富士山噴火については、2013±3年(2016年まで)としている。なお、南海トラフ地震については、数十年間は起きないだろうと予測。濱嶌氏と木村氏も、異なる方法論により富士山の噴火を同時期に予測している。

 以降は、予言者の災害等に関する予言を見ていくことにしたい。

【予言者たちの、2014年の予言】

■ジョセフ・ティテル氏・米有名超能力者・・・2014年、M9以上の地震が日本で!?

 米国の有名超能力者であるジョセフ・ティテル氏の2014年に世界で起きるという予言の暫定版が「ネットラジオ」上で公開されている。それらの中で、特に重大と思われる予言を3つほど紹介しておく。

tocana

トピックスRSS

ランキング