【かつて地球は3回全凍結していた?】大雪は破滅への序章! スノーボールアースで人類滅亡か?

tocana / 2014年2月26日 14時0分

写真

■首都圏の大雪は氷の世界の前触れだった!?

 2014年2月8日、10年に一度の記録的な大雪が関東を襲った。東京都心は、積雪量20cm超えという45年ぶりの大雪を記録。さらに、翌週の14日も関東は大雪に見まわれ、山梨県甲府市ではなんと観測史上1位の積雪量76cmを記録した。またこの前月はアメリカでも、前代未聞の大寒波が到来し、噴水や世界最大の滝であるナイアガラまですべて凍結している。

 日本では、大雪当日の8日は都知事選妨害のため、14日はバレンタイン妨害のため、『人口雪テロか?』という陰謀論もネットでは話題となった。こんな陰謀論まで飛び出すほどの積雪を記録した関東や、人間はおろか野生動物たちまでも命を取られてしまうという由々しき事態も発生したアメリカ。あれは一体なんだったのか? 実はこの現象には、地球が「氷の世界」になってしまう前触れではないとかという見解がある。


■地球が丸ごと凍結する「スノーボールアース」とは?

 地球は氷河期などの例外はあれども、長い年月に渡り、きわめて温暖な環境が保たれていると考えられてきた。だが、地球が氷結していたと思われる地質学的証拠が多数見つかっている。このため、近年の研究では、かつて地球が丸ごと凍結したことがあったのではないか? という「スノーボールアース(地球全凍結)」仮説が注目されている。この説によれば、地球は今から約22億年前、約7億年前、約6億年前の少なくとも3度、全凍結したと考えられている。

「氷河期」は、長期に渡って気候が寒冷化することであるが、「スノーボールアース」は規模が違い、平均気温はマイナス40度まで下がり、赤道付近を含め、地球の全域が凍り「氷の惑星」と化してしまうのだ。

 地球は凍り始めると、表面の氷が太陽エネルギーを反射してしまうため、温度はどんどん下がり、凍結は進む「負のフィードバック」が起こる。この状態は、約1億年も続いていたという。では、地球はこの凍結状態からどうやって抜けだしたのだろうか?

 一説によれば、凍結化によってできた氷は厚さ1kmにもなるため、この氷のとてつもない重さが刺激となり、火山活動や地震が引き起こされる。そして火山の噴火により起こった熱で、氷は徐々に溶け、噴出した火山ガスにより気温が上がっていったとされている。


■「スノーボールアース」が生物の爆発的進化を引き起こす

 マイナス40度の凍てつく世界、地表はおろか海面までもは凍結し、その氷の厚さは1kmにもなる。海の中は陽の光など届かず、漆黒の闇......。そのような過酷な状況のなかで、生物はどうやって生き延びたのであろうか......?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング