「日本と中国が戦争!?」「大地震が2つ起きる!?」ジョセフ・ティテル2014年の予言 〜日本に関する9個の重大なお告げ〜

TOCANA / 2014年3月10日 13時0分


■3、悪天候が日本を襲う

【予言6】水に関して、2014年は記憶に残る年になる。記録的な洪水や水に関する問題が起きる。暴風雨、洪水、天候関連の問題。それらのいくつかは、中国、日本を襲う台風となる。

【筆者:解説】昨年以上に世界中で洪水が起きるということのようだ。日本に毎年台風が来るのは当たり前のことで、日本の場合はよほど大型でないと的中したとは言えないだろう。


■4、3.11以上の巨大津波が起きる

【予言10】疑いなく、2014年は、2011年3月11日の日本の津波災害よりも大きな津波が(世界のどこかで)起きると私は信じる。

【筆者:解説】3.11以上の大津波がそう頻繁に起きるとはあまり思えないが、さてどうなるだろうか。


■5、ある国の女王が暗殺されそうになる

【予言22】王室に大きな危険があるのを強く感じる。ダイアナ王女が殺されたが、(その事実が)隠蔽されたのとちょうど同じように。女王は危険な状態にある。ライフル銃の照準のようなものが見えた。特別なお祝いの時にバルコニーに出て手を振っている時、ライフル銃で狙われる。暗殺未遂で終わる可能性がある。

【筆者:解説】大きな問題になるのを避けているのか、国名を出していないが、英国のことと思われる。


■6、宇宙人について、重大な秘密が明かされる!?

【予言27】この銀河系内の同胞たちと他惑星の真の生命が、我々の意識上でゆっくりと光が当たりつつある。米国、ロシア、中国、カナダといった国々が隠してきた秘密が公開されようとしている。我々のすみかである地球は、生命と文明が進歩した唯一の惑星ではない。いくつかは我々よりずっと進化している。少なくとも他に3つの惑星上に、進化した存在がいる。一つは、グレイ(thegrays)として知られる。必ずしも地球人ほどに親切で優しいとは限らない。この数百年間に地球上で、それほどナイスとは言えないことをしてきた。現在は過去に頻繁に訪れていたほどには地球には来ていない。まるで各国の政府が彼らを追い払ったかのように。他の2惑星に住む存在は、我々に対してより温和で優しく愛情深い。彼らは我々を援助するために地球に来ていて、この数年目撃報告が多い。日本の大津波の時に、海岸上空に浮かぶ宇宙船のフィルム映像がある。彼らは我々の手に負えない問題解決と、水の浄化のための技術を駆使するために訪れている。彼らは数千年前に我々の祖先を援助したのと同様に、現在我々を援助している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング